F1レギュレーション 国際自動車連盟 フォーミュラ1
F1とFIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1世界選手権に導入する新しいF1エンジン仕様の初期計画を公表。V6ターボハイブリッドを継続しつつ、よりシンプルでサウンドの大きなエンジンに変更するとした。

2014年にF1に現在のパワーユニットは、導入されて以降、数多くの批判がなされており、FIAとF1の技術代表のロス・ブラウンは、将来のエンジン計画を定義するために自動車メーカーや他のステークホルダーと協力してきた。

今年行われたエンジンワーキンググループの会議には、現在F1にパワーユニットを供給するメルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4社に加え、ポルシェ、アウディ、ランボルギーニといったフォルクスワーゲン・グループのメーカーやアストンマーティン、イルモアやコスワースなどの独立系エンジンメーカー、そして、日本からも数社が参加したと報じられている。

全ての関係者はよりシンプルでサウンドの大きいエンジン形式にすることで一致していた。

31日(火)、パリでエンジンワーキンググループの会議が開催され、FIAとF1によって2021年のF1エンジンのビジョンがメニュファクチャラーの代表者らに公表された。

2012年のF1エンジンの主な特徴は、1.6リッター シングルターボV6エンジンを継続し、MGU-Hを廃止、MGU-Kを強化し、コスト削減のためにエネルギーストアやコントロールエレクトロニクスなどを標準化するというもの。

提示された2021年のF1エンジンの仕様は以下

・ 1.6リッター V6ターボハイブリッド
・ サウンドを改善するための3000rpm高い範囲でのエンジン走行スピード
・ 開発コストを抑え、過酷なデザインや走行条件を阻止するための規範的な内部設計パラメーター
・ MGU-Hの廃止
・ ドライバにレースをコントロールする戦術的な要素を与えるために数周にわたってエネルギーを節約するオプションがあり、レースでドライバーが手動でデプロイメントすることに重点を置いたよりパワフルなMGU-K
・ 寸法の制約と重量制限付きのシングルターボ
・ 標準エネルギーストアとコントロールエレクトロニクス
・ エンジン/シャシー/トランスミッションのスワップ機能“プラグ&プレイ”を提供する高水準の外部規定デザイン
・ より厳しい燃料レギュレーションと燃料使用量を制限する意向

FIAは声明で「コスト削減、ハイブリッド技術の市販車との関連性の維持、クルマのサウンドの向上、ファンへの訴求力を含めた将来のレギュレーションにむけてFIAによって概説された目標に沿って、自動車メーカーの代表者は次世代のレギュレーションの開発のためのロードマップを提示された」と述べた。

「本日共有された提案は、チーム、パワーユニットサプライヤー、そして、外部の専門家からのデータとインプットを使用して、FIAとF1によって共同で開発されたものであり、2021年のパワーユニット定義の全体的な枠組みは2017年末にFIAによって整備され、公表される予定である」

「コスト削減という目標を維持するために、今後12ヶ月にわたってパワーユニットの特定の要素を定義する作業は継続されるが、完全なパワーユニットの設計と開発は全ての情報が2018年末に発表されるまで可能とはならない。これは自動車メーカーが現在の仕様のパワーユニットへの作業を続けることを確実にすることを目的としている」

「2017年と2018年の残りの期間中、FIAとF1は、他のコスト削減対策と同様に、パワーユニットのテストや開発制限を確立させるためにチームと協力していく」

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは「2021年のパワーユニットは、レギュレーターとしてのFIA、商業権保有者としてのF1、そして、ステークホルダーとしてのメーカーがスポーツの共通の利益のために協力していくという将来の進むべき道の一例だ」とコメント。

「本日発表された提案は、現在のFIA F1世界選手権に参戦するチーム、そして、モータースポーツの最高峰の一員になることに関心を示したマニュファクチャラーとともに2017年に開催された一連のミーティングの結果だ」

「また、よりシンプル、安価、ノイズが大きいパワートレインを供給し、新しいマニュファクチャラーがパワートレインサプライヤーとしてF1に参戦することを容易にし、スポーツをより平準化されたフィールドに到達させるための条件を作り出していくという一連のレギュレーションを定義するための課題として、ファンが現在のパワーユニットについてどのように考えているか、近い将来にどのよなものを見たいと考えているかに注意深く耳を傾けてきた」

「新しいF1は最先端の技術と結びついた世界有数のグローバルなスポーツ競技を目指している。あらゆる年齢層のファンを興奮させ、エンゲージし、圧倒するだけでなく、持続可能な方法でそれをやっていくというこおとだ。我々は将来のパワーユニットがそれを達成すると信じている」

関連:【F1】 2021年のF1パワーユニットから姿を消すことになったMGU-H

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA / リバティ・メディア