DRS F1ヨーロッパGP
FIAは、今週末のF1ヨーロッパGPでも2つのDRSゾーンと1つの検地エリアという組み合わせを継続することを発表した。

前戦F1カナダGPで初めて2つのDRSゾーンが設置されたが、FIAはヨーロッパGPでも同じコンセプトを採用することを発表。ただし、バレンシア市街地コースのDRSゾーンはメインストレートには設置されない。

バレンシアの1つ目のDRSゾーンは、ターン10後の285mの地点からとなり、2つ目はターン14後の35mの地点からスタートする。

また検地ゾーンは、ターン8前の130mの地点に設置される。

検地ゾーンが1つなので、検地ゾーンでライバルの1秒以内にいるドライバーは両方のDRSゾーンで可変リアウイングを起動させることができ、1つ目のDRSゾーンでオーバーテイクをして、2つ目でそのキャップを広げることができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ヨーロッパGP | FIA