アルピーヌF1のエステバン・オコン 「A522の運転に頭痛薬は必要ない」 ポーポイズ現象の解消に自信
アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、2022年F1マシン『A522』ではポーポイズ現象を起こっておらず、頭痛薬は必要ないと述べた。

ポーポイズ現象は、バルセロナとバーレーンでのプレシーズンテストで主要な話題のひとつとなった。2022年に導入されたばかりのグラウンドエフェクトカーは、場合によってはストレートで激しく上下へのバウンドを繰り返した。

F1チームは、ラップタイムを犠牲にせずにポーポイズ現象を解消するすることに取り組んでいるが、エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームがその修正方法を把握していると確信している。

チームメイトのフェルナンド・アロンソがA522を運転した際には、ポーポイズ現象は発生していたが、エステバン・オコンが運転していたときには問題になることはなかった。

「新しい車で理解することがたくさんあるので、誰もが最後のところで苦しんでいる」とエステバン・オコンはSky Sports F1に語った。

「バルセロナでは僕たちサイドにいくつかの信頼性の問題が見られたけど、残りは順調に進んだ」

「現在、すべてが順調に進んでいる。フェルナンド側でバウンドするのを見たことがあるけど、僕たちはそれを修正する方法はわかっている」

「僕が車に乗った日はバウンシングはなかった。パラセタモール(鎮痛剤)を服用する必要がなかったのは良いことだ」

「解決することができる。車が下がるとさらに悪化し、最初のコーナーでの向かい風は役に立たなかったと思う」

アルピーヌF1チームのプリンシパルを務めるオトマー・サフナウアーは、シーズン開幕のバーレーングランプリに向けて、バーレーンテストでのA522が“大幅”な進歩を遂げたと語る。

「この2日間は、エステバンとフェルナンドにとって同じように良いものだった。二人とも100周単位のラップを走った。これにより、準備をうまく終えることができた」とオトマー・サフナウアーはF1バーレーンテスト最終日後に語った。

「それはまた、バルセロナでの最終日のトラックタイムの損失を補うことができたことを意味する」

「我々は、もう少しセットアップを洗練させ、細部の多くを改善することに焦点を合わせた。多くの周回数はたくさんの学習を意味し、今週は車を大幅に進歩させた」

「我々は、可能な限り最善の方法で準備を継続するために、今後数日間でさらなる改善を行うことを楽しみにしている」

「来週、私たちは実際にレースをする。それは、BWTアルピーヌF1チームに関係するすべての人にとって、そして、2022年のシーズンが始まるのを冬の間待っていたファンにとってエキサイティングな時間だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / アルピーヌ