エステバン・オコン、新しいターン14は“地獄のコーナー” / F1アブダビGP 金曜フリー走行
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、ヤス・マリーナ・サーキットの新しいターン14を“地獄のコーナー”だと称した。

Wホテルの下にある中速コーナーでドライバーはワイドに走ることができるが、FP1ではバルテリ・ボッタス(メルセデス)が後輪をこすり、FP2にはキミ・ライコネンがクラッシュを喫した。

エステバン・オコンも、同じ場所でニアミスしたと述べた。

「公平を期すために、トラックを再学習することは非常にエキサイティングだった」とエステバン・オコンは述べた。

「アブダビはF1のホームのようなものだ。僕たちはこのコースをよく知っている。ここでたくさんのテストしている」

「このように再訪することは興味深いことであり、再プロファイルはスパイスをもたらすと思う。間違いなく、ターン14は地獄のコーナーだ」

「レールのすぐ傍を立ち上がる。FP1でかなりの危ない瞬間があった。でも、これまでのところ、とても楽しんでいるよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / F1アブダビGP / アルピーヌ