エステバン・オコン 「2020年にルノーF1と表彰台を獲得することが目標」
2020年にルノーF1チームでF1復帰を果たすエステバン・オコンは、初年度の目標を表彰台に定めた。

2018年末でフォース・インディアのF1シートを失ったエステバン・オコンは、1年間のメルセデスのリザーブドライバーとしての役割を得て、2020年にダニエル・リカルドのチームメイトといてルノーF1チームでF1復帰を果たす。

ルノーF1チームは、2019年に困難なシーズンを過ごし、エンジンカスタマーのマクラーレンの後塵を拝してコンストラクターズ選手権5位でシーズンを終了。チームはエステバン・オコンが新しいエネルギーをもたらしてくれることを期待している。

メルセデスの育成ドライバーでありながら、ワークスチームのF1シートを獲得できなかったエステバン・オコンだが、ルノーに加入するという決定に満足していると語る。

メルセデスではなく、ルノーでのF1復帰することに失望していないかと質問されたエステバン・オコンは「まったくしていない。数年後にトップに返り咲くという野心をもったフランスのチームなのでまったく失望はしていない。むしろ安心している」と RMC にコメント。

「2020年のルノーの野望は、今年よりもうまくやることだ。今年は明らかにパフォーマンスが低かったし、チームはそれよりもはるかに良い結果を出したいと考えている。5位になるのとは野心ではない」

「僕たちはそこから進歩して、クルマを開発して、ビッグ3チームに近づいていく。僕の個人的な目標はシーズン中に表彰台に立つことだ。それができれば、大きな一歩を踏み出したことになると思う」

エステバン・オコンは、アブダビで開催されたポストシーズンテストに参加してルノーのF1ドライバーとして初めての仕事を完了。チーム代表のシリル・アビテブールは、オコンについてポジティブなフィードバックを共有した。

「アラン・パーメイン(ルノー スポーティングディレクター)は、エステバンが昨シーズンにセッションに参加しなかったという気がしなかったと私に果たしていた」とシリル・アビテブールは Auto Hebdo にコメント。

「エステバンが走ることができたことに満足していることを除けば、特に報告することはない。昨年はレッドブルが許可しなかったので、ダニエル(リカルド)は走れなかった」

「それによってダニエルはチームへの融合に少し苦しんだが、今回その時間を節約できたのは明らかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー