バーニー・エクレストン 「フェラーリとルクレールはF1タイトルを獲れない」
元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンによると、マックス・フェルスタッペンは2年連続のF1ドライバーズチャンピオン獲得に向けて「簡単な時間」を過ごしている。

リバティメディアの時代が5年前に始まるまで何十年もF1を運営してきた91歳のバーニー・エクレストンは、競争力のあるフェラーリがF1の成功に不可欠であると常に言ってきた。

マラネッロを拠点とするチームは、2022年に苦戦を強いられた後、間違いなく競争力があるが、バーニー・エクレストンは、フェラーリが古い習慣に戻っている兆候を見ていると語る。

「エラーが再び忍び寄っている」とバーニー・エクレストンはBlickに語った。

「我々が見ている信頼性は昔を彷彿とさせることが多く、ドライバー自身が常にコース上で自信を持っているわけではない」

「これは、マックスがすでに6勝を挙げてレッドブルで楽な時間を過ごしていることを意味する」

バーニー・エクレストンは、彼がフェラーリの現在の状況として見ているものに喜びを見いだしていないと主張している。

「多くの人と同じように、私はフェラーリが14年以上の時を経て再び成功することを望んでいた」とバーニー・エクレストンは2008年のフェラーリの最後のチャンピオンシップに言及して語った。

「残念ながら、フェラーリやルクレールにお金をかけ続ける人は誰でも何も得られないと言わざるを得ない」

しかし、シャルル・ルクレールは、F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンに49ポイント差をつけられているにもかかわらず、あきらめていない」

「チャンピオンシップはまだ序盤だ」とシャルル・ルクレールは主張する。

「確かに49ポイントのディスアドバンテージがあるけど、それは2勝分だけだ! 真面目な話、僕たちは自分自身に集中し続ける必要がある」

「だから僕は心配していない。クリーンな週末を過ごし、僕たちがまだそこにいて、まだ強いことを示すことに非常に意欲的だ」

実際、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリがまったく新しい2022年のF1レギュレーションの下で可能な限り軽量の車を生産することに優れていることを認めている。

「前回のレースで何が起こったのかは分からない、最近のレースの1つでフェラーリは最低重量をわずか0.5キロ上回っているだけだった」とヘルムート・マルコはAutosprintに語った。

「それは我々よりもはるかに優れており、メルセデスと比較しても優れている」

元フェラーリドライバーのジャン・アレジは、伝説的なイタリアのチームが最新の挫折の後もその「積極性と信念」を維持することが重要であると述べている。

「ルクーレルがそのような楽観主義を示すのは正しいことだ」とジャン・アレジは Corriere della Sera に語った。

「このようなタイトなチャンピオンシップは、ギアボックス、エンジン、油圧システム、その他すべてを限界に追い込む。技術的な問題は発生したが、すべてのチームで発生している」

「このチャンピオンシップの途中でさえない。チャンピオンに報いるトラックであるシルバーストンでの次のラウンドから始まり、ン挽回するための十分な時間と機会はある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / フェラーリ / シャルル・ルクレール