F1 フェラーリ
元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンは、フェラーリは2019年もキミ・ライコネンを保持するべきだったと考えている。

セバスチャン・ベッテルの友人でもあるバーニー・エクレストンは、キミ・ライコネンの方がシャルル・ルクレールよりも優れたナンバー2ドライバーだと考えている。

「フェラーリはキミを手放すという間違いを犯したと思う」とバーニー・エクレストンは Auto Hebdo にコメント。

「彼は良いチームメイトであり、何の問題も引き起こさなかった。彼は自分がしなければならないことを知っていた」

「もし彼がセバスチャンを通過させるように頼まれれば彼はそうした。相手を止めてチームを助けるために少し遅く走るように頼まれれば彼はそうした。

「シャルルにその仕事をする準備ができているかどうかはわからない」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフもバーニー・エクレストンの考え方に同意。シャルル・ルクレールが優れたドライバーであることは明らかが、今年フェラーリに問題を引き起こしていると語る。

「シャルルは将来のワールドチャンピオンだ。今年でされそれを実現できるかもしれない」とトト・ヴォルフは Auto Bild にコメント。

「現在、フェラーリは道徳的な問題を抱えている。一方では4度のワールドチャンピオンを支持しなければならないが、その一方で彼らはスーパーな才能を減速させることもできない。特にシャルルはバーレーンでの不運の後、感情を持っている」

「フェラーリは彼の盗まれた勝利を取り戻そうとしているかもしれない。私ならばそれについて考えるだろう」

その一方で、元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、今週末のF1中国GPでセバスチャン・ベッテルは挽回してくると考えている。

「若い世代が古参に挑戦するのは普通のことだが、セブが必ずしも古参だとは思わない」とデビッド・クルサードはコメント。

「彼はバーレーンで適切なクルマに乗れなかった。まだ何も決してはいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | フェラーリ