バーレー・エクレストン
バーレー・エクレストンは、日曜日に2つのより短いレースを開催するF1グランプリ週末のフォーマット改正を提案した。

現在、F1週末は金曜日に2度のフリー走行、土曜日にフリー走行と予選、そして、日曜日にグランプリというフォーマットで開催されている。

しかし、バーニー・エクレストンは、日曜日を40分の2レース制にすることで、F1にチャンネルを合わせるより多くのファンを作り出せると考えている。

「注意力の持続時間はずっと短い。それに多くのスポーツが、彼らのゲームにより短い形を導入することを検討している」とバーニー・エクレストンは Sunday Times にコメント。

「テレビ視聴者数が増加した。豪雨、いくつかのクラッシュによって長いレースになった。だが、赤旗によって2つのスタートを行われ、人々はそれでチャンネルを合わせた」

「我々は伝統的な1つの長いレースというコンセプトを検討する必要がある。途中でドライバーがインタビューに応じ、クルマに取り組める40分の休憩をはさんだ2つの40分レースであれば、視聴者を引き付けられるだろうし、テレビ会社、スポンサー、広告主はそれを好むだろう」

バーニー・エクレストンのアイデアは、金曜日と土曜日は現行のまま。土曜日の予選で日曜日のレース1のグリッドを決め、レース1の結果が週末の最終ラウンドのグリッドを決めるというものだ。

「クルマは通常通り、1回目のレースのために予選を行う。1回目の結果が2回目のレースのグリッドを決める。より軽く、速いクルマによって大きな変化が見られるだろう」とバーニー・エクレストンはコメント。

「だが、我々には変化のための勇気があるかどうかはわからない。だが、時代は変わっており、我々はそれを検討しなければならない」

「全てのアメリカのスポーツはタイムアウトが組み込まれている。アメリカのオーディエンスは集中することができないからね。彼らは15分のセグメントのテレビで育ってきた。今では至る所でそうなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン