バーニー・エクレストンの2019年03月のF1情報を一覧表示します。

バーニー・エクレストン 「F1に対抗するシリーズについての話はあった」

2019年3月26日
F1
元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、2人のF1チームの責任者とF1に対抗する分裂シリーズを立ち上げる可能性について話し合ったことを明らかにした。

F1の新たなオーナーとなったリバティ・メディアは、より平等な分配金の導入を目指しているが、トップチームはそのアイデアに反対し、2021年のコンコルド協定を巡る交渉が難航している。

マーティン・ブランドル 「バーニーが泣くところを見たことはなかった」

2019年3月20日
F1 チャーリー・ホワイティング
2019年のF1世界選手権の開幕戦は、F1に関係しているすべての人々にとって厳しい経験となった。長年にわたってF1に貢献してきたレースディレクターのチャーリー・ホワイティングが開幕直前に急逝した。

元F1ドライバーで、現在はテレビ解説者を務めるマーティン・ブランドルは「チャーリーはコース上の偏在していた」と Sky Sportsで語った。

バーニー・エクレストン 「チャーリーの死はF1にとって大きな損失」

2019年3月15日
F1 バーニー・エクレストン チャーリー・ホワイティング
バーニー・エレストンは、急逝したF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングの代わりを見つけることは“不可能”だと語った。

FIA(国際自動車連盟)は木曜日の朝、長年F1レースディレクターを務めてきたチャーリー・ホワイティングが肺塞栓症を患って亡くなったことを発表。66歳だった。

バーニー・エクレストン 「マクラーレンはF1チーム代表を変えるべき」

2019年3月14日
F1 マクラーレン
元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、マクラーレンとウィリアムズには新しいマネジメントが必要だと語る。

F1では名門チームであるマクラーレンとウィリアムズだが、近年は低迷しており、優勝争いではなく、後方争いをする頻度が多くなっている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム