ルーカス・ディ・グラッシ
ヴァージンのルーキードライバーであるルーカス・ディ・グラッシは、スペインのGP2チーム「アダックス」のGP3部門の株主となった。

報道によると、ルーカス・ディ・グラッシは、2008年にヴィタリー・ペトロフがGP2でコンストラクターズタイトルを獲得したアダックスの少数株主となったという。

「我々は彼の真剣さとプロフェッショナリズムによって、彼が我々が短期で成し遂げられると予想している成功にとって重要な貢献をしてくれると確信している」とチームオーナーのアレハンドロ・アガグは述べた。

「チームのために運転した後、僕はスポーツの分野に僕の活動を提供している」とルーカス・ディ・グラッシはコメント。

「若いドライバーにとって本物のプラットフォームであり、彼らの技術面と戦術面の手助けをするプロジェクトに取り組みたい」

GP2の下位カテゴリーとして2010年からスタートしたGP3では、マーク・ウェバーもチームを所有している。

アダックスは、以前はカンポスとして活動しており、エイドリアン・カンポスがF1チーム(現ヒスパニア・レーシング)を設立するために株式をアレハンドロ・アガクに売却して離脱したのに伴いアダックスにチーム名称を変更した。

ちなみにアダックスのGP3チームには、フェラーリの育成ドライバーであるミルコ・ボルトロッティが所属している。

関連:
マーク・ウェバー、GP3チーム「MWアーデン」を設立 - 2009年7月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーカス・ディ・グラッシ