ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、2009年にルノーでレースシートを得る勝算がないことをわかっていたと主張した。

2008年にルノーのサードドライバーを務めたルーカス・ディ・グラッシは、今月末にホンダのテスト参加が決まった。

ディ・グラッシは、2009年のシートをネルソン・ピケJr.と争っているとみられていたが、ルノーは先週、来年も引き続きフェルナンド・アロンソとネルソン・ピケJr.のままでいくことを発表した。

「僕は、ルノーの決定を知っていた。非常に有力なコネクションがある人がいた。ルノーの人々の支持があっても、僕にとってはレースシートを獲得するのは簡単ではなかったんだ」

現在、ルーカス・ディ・グラッシが、2009年のためにルーベンス・バリチェロのシートを狙っているのは明らかだが、ルノーのテストドライバーのままでも満足であることを明かした。

「ルノーに残留できれば、満足だと言えるだろう。でも、僕は前進したい。1年間サードドライバーとして過ごして、僕のキャリアでさらなるステップを踏みだして、レースドライバーになることができると信じている」

ネルソン・ピケJrは、日曜日にニューデリーで行われたルノーのイベントで、公式発表の直前に新しい契約を知ったと主張した。

「合意に達したときは、本当に幸せであったよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーカス・ディ・グラッシ / ルノー