ペドロ・デ・ラ・ロサと小林可夢偉
ペドロ・デ・ラ・ロサは、チームにとって必要なことであれば、チームメイトの小林可夢偉に順位を譲るだろうと述べた。

ドイツGPでフェリペ・マッサがフェルナンド・アロンソに首位を譲ったことで、チームオーダーが論争の的になっている。

フェラーリのチームオーダーは、世界モータースポーツ評議会で議論される予定となっているが、ペドロ・デ・ラ・ロサは、チームオーダー論争は「ナンセンス」と述べた。

「こんなナンセンスな議論をするのはもう辞めにすべきだ」とデ・ラ・ロサは EFE通信社 にコメント。

「チームオーダー禁止を廃止するべきだ。観客を嘘をつくことはできない。これまでもチームオーダーは存在してきたし、これからも存在し続ける。F1はチームスポーツなんだから」

デ・ラ・ロサは“チームにとって必要なことであれば”小林可夢偉にポジションを譲るだろうと語る。

「僕はこれがチームスポーツでだということをきちんと理解しているし、世界中も理解していると思う。開幕戦やるのは馬鹿げているけど、チャンピオンシップも後半戦になれば、論理的なことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / ザウバー