F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、2018年のタイトル争いにおいてフェラーリはセバスチャン・ベッテルをプレッシャーから守ってあげなかったと考えている。

多くのオブザーバーは、フェラーリには今シーズンでしばしば最速のクルマがあったが、フェラーリ特有のプレッシャーとマネジメントがベッテルを敗北に追いやったと考えている。

「フェラーリは、ハイブリッド時代になって初めてあらゆる点でメルセデスのレベルにあるクルマを持っていた」とペドロ・デ・ラ・ロサは El Confidencial にコメント。

「だが、ベッテルのミスはフェラーリが彼を守らなかったことに結びついているし、それで彼らはチャンピオンシップを失った」

フェラーリがセバスチャン・ベッテルを“守らなかった”とする意味について質問されたペドロ・デ・ラ・ロサは「ドライバーとしての人生では、ミスをしたとき、特にフェラーリにいるときは、チームはドライバーを守らなければならない」とコメント。

「そうでなければ、ドライバーは自分のミスによって発生したプレッシャーに対処するのは非常に困難だ」

「彼がドイツでクラッシュしたときのことを覚えている。とても大きなミスであり、ベッテルにとって非常に大きな打撃だった。だが、ドライバーを守る姿勢はあまり強くは見らなかった。私はそれを目にしていない」

「その後のモンツァでは、ハルトンが彼を劇的にオーバーテイクしてレースに勝った。ベッテルが苦しんでたプレッシャーを考えれば、チームからもっと多くの公的なサポートがあっても良かったと思う」

「内部的にはあったかもしれないが、プレッシャーを和らげるために公にべきだった。特にイタリアのプレスに対してね。あのような時にフェラーリと勝つのはより難しくなる」

「フェラーリで間違った方向に進んでしまったときは、集中して冷静でいるのはとても難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル