ロシア人元F1ドライバーのダニエル・クビアト、NASCAR参戦の可能性
ロシア人の元F1ドライバーであるダニール・クビアトが、NASCARでレース復帰する可能性が浮上している。

ダニール・クビアトは、ロリス・ヘゼマンスとジャック・ヴィルヌーヴのために#27フォードをフィールドするチーム・ヘゼバーグのゲストとして、 先週末のロードアメリカでのカップレースに 参加した 。このスポーツの長年のファンであるクビアトは、以前はマーティンズビル・スピードウェイでウェレン・ユーロ・シリーズ の車を運転している。

土曜日にダニール・クビアトは、NASCARからカップロードコースイベントを開催するために車を見つけた場合にレースをすることを承認されたことをFOXSportsに確認した。

「異なるものだけど、僕にとって非常に魅力的な世界だ」とダニール・クビアトは語った。

「僕はずっとNASCARのことが本当に好きだったし、非常に興味がある。実際、昨年マーティンズビルにレースを見にいったけど、今年はここでレースをする機会を探している。近いうちに何かが面白いことが起こる可能性があると思う。NASCARカップの車ですぐに見てもらえることを願っている」

「僕たちは数か月前にジョッシュ(ローム/チーム・ヘゼバーグのテクニカルパートナー)と彼のチームを話し始めた。ここにはチャンスがあるように思うし、彼らはここで僕のショットを与えることを望んでいる。ここNASCARで僕の顔を見せ、ここで最も重要なことに繁栄する機会があるのは素晴らしいことだ。トラックで話をして、ここで経験を積み始めたいからね」

「自分がドライブする番になったときに大きな驚きにならないように、レースウィークエンドにチームとどのように進めているのか、ドライバーがどのように働いているのか、トラックタイムの長さ、それらの細部を確認しようとしている」

ダニエル・クビアトは2014年から2020年にかけてスクーデリア・アルファタウリ(トロロッソ)とレッドブル・レーシングでF1に参戦し 、2017年には2回の表彰台を獲得している。2020年にスクーデリア・アルファタウリでランキング14位で終えた後、レッドブルを去り、アルパインF1のリザーブドライバーに就任した。

2022年、ダニール・クビアトは、WEC(FIA世界耐久選手権)でG-Drive Racingでデビューする予定だった。その後、FIA(国際自動車連盟)は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシア人ドライバーにペナルティを課した。クビアトは制裁に反対し、ロシア人ドライバーが自国の旗の下でレースをすることを禁止することを含むFIAの判決を「差別的かつ不公正」であると述べた。多くのロシア人ドライバーは、元F1ドライバーのニキータ・マゼピンのように国際シリーズでシートを失っている

NASCARは、ACCUS(米国自動車競技委員会)を通じてFIAと結びついているが、FIAの決定に従う必要のない個人経営の制裁機関だ。その上、国籍は国際的なイベントと比較してアメリカを拠点とするカップシリーズで特に重要な重みを持っていない。

ダニール・クビアトがターゲットとするカップロードコースレースはさらに3つある。7月31日のインディアナポリス・モーター・スピードウェイ 、8月21日のワトキンス・グレン・インターナショナル、 10月9日のシャーロット・モーター・スピードウェイだ。そのようなトラックはサーキットレースで育った人にとっては簡単だが、クビアトはオーバルでのレースにもオープンだ。

「僕最もよく知っている通常のロードコーストラックでレースをするのが最も賢明なアイデアだと思う」とダニール・クビアトは続けた。

「でも、もちろん、いつかここでフルタイムのプログラムをやりたいと思っている。だから、オーバルの経験を積むのは素晴らしいことだ。僕は本当にオープンマインドだ。ずっとNASCARのことが本当に好きだった。いつの日か、フルシーズンを行うことができ、勝てることを願っている」

ダニール・クビアトが2022年にレースをすることができれば、NASCARカップシリーズはキミ・ライコネンとジャック・ヴィルヌーヴ、そして、ワトキンスグレンでのデビューを目指しているタルソ・マルケスに加わる4人の元F1ドライバーをフィーチャーすることにある。また、オープンホイールの世界からは、インディカーシリーズのベテランであるトニー・カナーン、マルコ・アンドレッティ、 エリオ・カストロネベスもNASCARに関心を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / NASCAR