ダニール・クビアト 「2021年は角田裕毅を乗せたいと伝えられた」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、レッドブルから2021年に角田裕毅を乗せたいと伝えられたことを認めた。

2021年のドライバーラインナップを確定させいないのは、レッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダ、そして、ほぼルイス・ハミルトンで確定しているメルセデスだけとなっている。

2020年のF1世界選手権も閉幕し、現在、レッドブルは2つのF1チームのドライバーラインナップを完成させる準備ができている。

正式なニュースは出ていないが、ダニール・クビアトは、ホンダF1が支援するF2ドライバーの角田裕毅にアルファタウリ・ホンダF1のシートを明け渡すことを認めた。

「来年、僕がここにいることはないと思う」とダニール・クビアトは Movistar に語った。

「彼らから、若手ドライバー、角田を乗せたいと伝えられた。だから、2021年はリラックスしたい。F1とアルファタウリには多くのプレッシャーがある」

「2022年に復帰したいと思っている。でも、今はみんな休息が必要だ。大変な年だったし、僕にとって休憩はいつもより長くなる可能性がある」

レッドブルの主要なドライバー意思決定者であるヘルムート・マルコは、月曜日にイギリスに移動するスケジュールであることを明らかにしている。その後、アブダビで行われる角田裕毅のアルファタウリ・ホンダでのヤングドライバーテストでの情報を受けており、2021年の判断を下す。それはレッドブル・レーシングについても同じだ。

F1アブダビGPの週末、ヘルムート・マルコは、ニコ・ヒュルケンベルグがアレクサンダー・アルボンに代わる“候補者”だと述べたが、すでにいくつかの情報筋は2021年にアルボンに代えてセルジオ・ペレスを起用することを決断したと伝えている。

「我々はすべてのデータを持っている」とヘルムート・マルコは Sky Deutschland に語った。

「すべてを冷静に分析し、クリスマス前に決定について報告する。ヒュルケンベルグはまだ候補だが、他の人と比較して彼に関するデータははるかに少ない」

今シーズンを4位入賞というパフォーマンスで終えたアレクサンダー・アルボンも最終候補として残されている。

「彼は今日とても良い仕事をした。おそらく今シーズンの彼の最強のレースウィークエンドの1つだった」とレッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はどのように進めるかを決める前に分析するための良い情報を与えてくれた。決定したらすぐに知らせる。長くはかからないはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ / 角田裕毅