ダニール・クビアト 「マシンのバランスに手応えを感じた」 / アルファタウリ・ホンダ F1イギリスGP 初日
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPのフリー走行2回目にニュータイヤでの走行が赤旗で妨げられて15番手となったが、マシンバランスには手応えを感じていると語る。

ニュータイヤの走行を終えたダニール・クビアトは、ロングランに焦点を当ててセッションを終えている。

「FP2の中盤、ニュータイヤでの走行中に赤旗となってしまい、十分に走ることができなかったものの、レースウイーク初日は成果を得られたと思う」とダニール・クビアトはコメント。

「ニュータイヤでの走行をあきらめ、セッションの残りはユースドタイヤで走らなくてはならなかったのが少し残念だった。それ以外は、予定していたテストもいくつかこなすことができたし、マシンのバランスにも手応えを感じた」

「今夜データの解析に努め、明日に向けて何を改善できるか見つけていきたいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1イギリスGP / アルファタウリ