【動画】 ダニール・クビアトが非難したエステバン・オコンの走り / アルファタウリ・ホンダF1 オーストリアGP
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、F1オーストリアGPの69周目にサスペンションの故障でリタイア。チームのダブル入賞のチャンスが失われた。レース後、クビアトはエステバン・オコン(ルノーF1)との接触が彼のレースを台無しにしたと非難した。

2人のドライバーのインシデントは63周目のターン6で起こった。ダニール・クビアトのオンボード映像では、エステバン・オコンによって縁石に押し込まれていることが映っている。

レース後、ダニール・クビアト「今日のレースはオコンと接触するまではペースもタイヤマネジメントも悪くなく、非常にうまく進んでいた」とコメント。

「正直、オコンのように人々を押し出すことは素晴らしことだとは言えない。でも、僕ももっと辛抱できたかもしれない。がっかりしているけど、それまでレースはとてもうまくいっていた。悔しいけど、残念ながら、今日は多くのポイントを犠牲してしまった」

13番手からレースをスタートしたダニール・クビアトは、最初の2つのセーフティカー期間中にピットインし、9番手を走行していた。

「接触の後、フロントウイングとサスペンションを破損し、タイヤもパンクしてしまったので、そこでレースが終わってしまった。これがなければ1ポイントを獲得し、すごくいいレースにできたと思っているので、非常に残念だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1オーストリアGP / アルファタウリ