ダニール・クビアト 「レッドブル・リンクに向けた良い計画がある」  / アルファタウリ・ホンダF1 オーストリアGPプレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトが、2020年のF1世界選手権の新たな開幕戦となるオーストリアGPに先立ち、新型コロナウイルスによるロックダウン期間中をどのように過ごしてきたか、そして、レースへの意気込みについて語った。

ダニール・クビアトは、3月のF1オーストラリアGPの中止が決定した後、モナコの自宅に戻って自主隔離生活を過ごしてきたと語る。

「メルボルンでのレースがキャンセルされた後、とにかくできるだけ早く家に帰りたかった。このような時期には家にいたいからね。戻ってすぐにロックダウンが始まったので、モナコの家ではほとんど自主隔離生活を送っていた。興味深い時期ではあったけど、スポーツを含めて何が違ったやることを見つけて対応しようとした。何もしないでただ座って過ごさないことが重要だった。それほど悪くなかった点もいくつかあったし、いつもより少し眠ることができたね! でも、しばらくするとかなり単調になった。このような長い休暇を経験したのは、F1から1年離れていたときを除けば、本物のレースカーを運転しないでいるのは今回が一番長い時間だった。5月初めにカートトラックが再びオープンするとすぐにそこにいった。再びドライビングをするのは楽しかったし、かなりカートで走っていた。楽しいだけでなく、ドライビングとレースのための筋肉の記憶を生かしておくために有益な方法だった」

「ロックダウン中もレースエンジニアのマッティアと連絡を取っていた。実際、自宅に小さなシミュレーターあって、彼と一緒にいくつか予選シミュレーションを行った。隣に彼と接続したiPadを置いて、予選セッションをシミュレートし、彼は実際のトラックでリアルにやっているように話しかけた。それが僕たちにできる最善のことだった。他の多くのF1ドライバーがシムレースをたくさんやったことは知っているけど、実際のマシンを運転していることをあまり表していないと感じたので、あまり僕がやることではなかったと言っておくよ」

「現時点では、いろいろと検疫制限が適用されているため、英国に行ってチームのリアルなシミュレータを使用することはできない。そのため、今後数週間でその状況がどのように進展するかを確認する必要がある。実際のレースと今シーズンの展開については、とにかく1戦ずつ取り組むだけだ。スポーツを運営する人々が自分の仕事をしていて、僕たち自身と周りのすべての人が安全にできると判断したことに基づいて行われると言われた場所でレースをする。僕たちは適切に対応しているし、フォローして実行するのに十分なカレンダーがあると信じている。不測の事態が発生しないことを願っている。トラックでマスクを常に着用すること関しては、最近のフィルミングデーでそのような条件で作業した。たとえば、ヘイローが最初に導入されたときと同じように、かなり素早く慣れるものだと思う。数時間後にそれに慣れているだろう」

「慣れる必要があるのは、ファンがいないことだ。空のグランドスタンドを見るのは変な感じだろうね。観客はすべてのスポーツの重要な側面だし、僕たちはそれを逃しすことになる。どのな感じになるかを言うのは難しい。トラックデータに関しては、冬にバルセロナで取得したものしかない。僕たちはレッドブル・リングに取り組むための良い計画とともにオーストリアに向かうので、どうなるか見てみるつもりだ。たくさんの高速コーナーを特徴とした昔ながらのレイアウトを備えた好きなトラックだし、いつもそこでのレースを楽しんでいる。2連戦なのでかなり長い間そこにいることになるけど、田舎にあるいい場所だし、新鮮な空気の中でトレーニング時間を過ごすことができる」

関連:2020年 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1オーストリアGP / アルファタウリ