ダニール・クビアト、F1ロシアGPのサンクトペテルブルク移転に期待 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、F1ロシアGPをソチからサンクトペテルブルクの新しいイゴラ・ドライブ・サーキットに移すという動きを歓迎しており、その計画は彼のホームレースの来場者数を増加させると考えている。

ソチ・オートドロームを中心とした開発計画は、F1ロシアGPの会場としての将来に疑問を投げかけており、イゴラ・ドライブの新しいサーキットが、2021年からF1ロシアGPを引き継ぐとされている。

ティルケ・サーキテクツとのパートナーシップにより設計された印象的なトラックとそのインフラは完成間近であり、施設がF1グランプリを開催できるFIAグレード1ライセンスを受け取る予定となっている。

しかし、ソチのF1との現在の契約は2025年まで続き、F1ロシアGPプロモーターは過去にその契約を最後まで尊重するつもりであると語っている。

しかし、ダニール・クビアトは、イゴラ・ドライブでのF1レースの可能性について熱心であり、その動きが実現していることを期待していると語る。

「そうです。とても興奮できるものになると思う」とダニール・クビアトは語る。

「実現したら物凄いことになるだろう。もちろん、ソチも素晴らしいと思うけど、サンクトペテルブルクに移れば、僕たちはヨーロッパにもっと近くなるし、スカンジナビア諸国から多くの人々が参加できる」

「クールなグランプリになるだろう。ロシアをレースの世界にもう少し近づけると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ