ダニール・クビアト 「ホンダの新型F1エンジンの運転特性に違いはない」
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、ホンダの2020年F1パワーユニット『RA620H』は昨年型とドライバビリティに関して“大きな違いはない”と語る。

昨年までトロロッソとして活動していたチームは、今年からレッドブルの衣料ブランドであるアルファタウリを掲げたチーム名に変更。2018年からホンダのF1エンジンを搭載していたチームは、昨年同様にホンダのF1エンジンを走らせる。

先週のF1バルセロナテストを終えて、ホンダのF1エンジンは一歩前進なのか、それとも大きな飛躍を果たしたかと質問されたダニール・クビアトは「それを言うのは難しい。現時点では共有できるものではない。もっと話したいんだけどね。それは不可能だ」とコメント。

新しいホンダのF1エンジンの特性はどうかと質問されたダニール・クビアトは「大きな違いはない」とコメント。

「ドライバーとしては、コーナーでエンジンがうまく反応することを望んでいる。現時点では、問題はない。微調整しなければならないものはあるけど、基本的なことではない」

F1バルセロナテストでは、2日目にレッドブルのアレクサンダー・アルボンが予防措置のためホンダのF1エンジンを交換する必要があったが、検査の結果、エンジンは正常であることが判明し、その後、再び使用している。

アルファタウリは、知られている限りではエンジンの交換はなかった。一方、レッドブ・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、新しいホンダのF1エンジンがスムーズに作動していると満足げに語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ