F1 ダニール・クビアト スクーデリア・フェラーリ
ダニール・クビアトは、スクデリア・フェラーリの開発ドライバーとして、主にフェラーリのドライバーシミュレーターで作業をしていくことになるという。

フェラーリは10日(水)、ダニール・クビアトがF1チームの開発ドライバーに就任したことを発表した。フェラーリの広報担当は、2018年のダニール・クビアトの役割について「下位は圧ドライバーの役割は、通常、シミュレーターでの作業に関連したものです」と Taas にコメント。

「メインのトラック活動は我々の他のドライバーによってカバーされています」

ダニール・クビアトのフェラーリ加入は多くの専門家を驚かせた。

フィンランドの放送局C Moreで解説者を務めるトニ・バイランダーは「彼は去年まだドライバーだったので、フェラーリに貴重な経験をもたらすだろう」とコメント。

「シミュレーターはドライバーのスキルを向上させることはないとしても、彼のマネジメントは正しいソリューションだと考えているかもしれない。彼はテストドライバーに長くとどまるべきではない。全てのドライバーのゴールはレースをすることだからね」

トニ・バイランダーは、ダニール・クビアトが、フェラーリに関連するザウバーやハースのようなチームへの跳躍台として今回の役割を生かせるかどうかは疑問視している。

「実際、ダニールにとって難しいだろう。だが、彼はスポンサーの支援も得られるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | フェラーリ