ダニール・クビアト
ダニール・クビアトは、F1ロシアGPで追突したセバスチャン・ベッテルに謝罪。しかし、セバスチャン・ベッテルのターン3での突然の減速を非難した。

F1中国GPで一悶着あった二人。F1ロシアGPの決勝レースでは、ダニール・クビアトがターン2でセバスチャン・ベッテルに追突。続く、ターン3でも追突されたベッテルはバリアにクラッシュし、リタイアを余儀なくされた。

ダニール・クビアトは事故について謝罪。しかし、2回目の接触を避けることができなかったと主張した。

「もちろん、今後、僕たちは全員の多くの賢いコメントを見ることになると思うけど、リアホイールがロックしたというのが僕の見解だ」とダニール・クビアトは述べた。

「それくらいシンプルなことだ。僕はブレーキをあまり遅らせたわかではなかったけど、とにかくリアがロックして、彼に追突してしまった。まるで後ろから誰かに押されたように感じた。クルマはちょっとコントロールを失っていた」

「一番の問題はターン2ではなく、ターン3だと思う。セバスチャンはクルマに問題を感じていたと思う。彼は突然減速しなければならなかった。僕は彼のほんの2メートル後ろだったし、残念ながら、あのスピートでは彼を避けるためにやれることはなかった」

「彼のレースを滅ぼしてしまったことには謝罪するけど、僕は人間だし、彼のターン3での突然の減速は僕の手には負えなかった」

ダニール・クビアトは、セバスチャン・ベッテルが全開のコーナーの真ん中でリフトしたので、ペナルティはちょっと厳しいと感じると述べた。

「ターン3はとても速いコーナーだ。彼が故意にああしたとは言わないし、そんなこと可能ではない」

「彼はターン2での最初の軽い接触の後、クルマに問題があるかもしれないと考えていたと思う。彼が突然かなりスピードを落としたのは確かだ。でも、僕はまだ彼がそのまま行くと思っていた。それまで彼は全開のままだったからね。そして、突然、スピードがかなり落ちたんだ」

「スチュワードは、僕が彼に故意に衝突したと考えたんだと思うけど、僕はそんなことはしていない。そんなはずない」

「ペナルティはとても厳しかったけど、たぶん十分にフェアなものだったと思うし、もちろん、この件については本当に謝罪する」

「今日は数ポイントを犠牲にしたと思う。でも、こういうことは起こるものだし、通常、僕はこのようなことから学んでいる」

接触はダニール・クビアトのレースも滅ぼした。ダニール・クビアトは批判を受ける覚悟はできていると語る。

「そうだね。理解しているよ。おそらくパドック全体が僕からの謝罪を望んでいると思う」

「でも、僕たちは全てを分析した後にこのようなことについてチーム内で話をする。今話すのは簡単だし、僕を攻撃するのもとても簡単なことだ」

「続けなよ。僕を攻撃すればいい。問題ないよ」

関連:【動画】 セバスチャン・ベッテル、クビアトに2度追突されてリタイア

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / レッドブル