F1 ダニエル・ティクトゥム
F1バーレーンテストでレッドブル・ホンダ RB15をドライブしたダニエル・ティクトゥムだが、次のテストがいつになるかはわからないと語った。

レッドブルのジュニアプログラムの最有望株であるダニエル・ティクトゥムは、今年F1へのステップアップが期待されていたが、ヨーロッパF3選手権ではミック・シューマッハに敗れ、十分なスーパーライセンスポイントを確保できなかった。

F1参戦に必要な40点を満たすためにアジア・ウインターF3シリーズに参戦したダニエル・ティクトゥムだったが、ランキング8位に沈んで可能性がなくなったことから、最終ラウンドには参戦しないと見られている。

ダニエル・ティクトゥムは、次にF1カーで走る機会がいつになるかはわからないと認める。

「現時点では何も確認されていない。言われたことを続けて、自分の仕事を上手くやっていくつもりだ。また機会があるといいんだけどね」とダニエル・ティクトゥムはコメント。

「今週、協力を継続するために十分な仕事ができたと信じたいけど、現時点では何も確認されていない」

現時点で32点のスーパーライセンスポイントを保有するダニエル・ティクトゥムは、今年は全日本スーパーフォーミュラ選手権にかつてピエール・ガスリーが所属したTEAM MUGENから参戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・ティクトゥム / レッドブル