F1 フェラーリ
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、フェラーリがキミ・ライコネンを放出して、セバスチャン・ベッテルの“ストレスフリーなフェイズ”を終わらせたことは正しい決断だったと考えている。

今年、フェラーリは、セバスチャン・ベッテルの好ましいチームメイトだったキミ・ライコネンに代えて、期待の若手であるシャルル・ルクレールを起用した。

デビッド・クルサードは、そのフェラーリの決断がセバスチャン・ベッテルのプレッシャーを引き上げたと考えている。

「シャルルは自分がやるべきことをやっている」とデビッド・クルサードは Auto Bild にコメント。

「彼はもっと速くなりたいと考えている。彼のギャップを見れば、それに向かって進んでいる」

「セバスチャンのベッテルはゴールは異なる。フェラーリを勝てるクルマにすることだ。勝利以外は不十分だ」

「シャルルにとってはより簡単だ。彼がやらなければならないことはセバスチャンよりも速く走り、4度のワールドチャンピオンを倒して、素晴らしい未来があることを証明するだけだからね」

「セバスチャンはキミとストレスフリーのフェイズを過ごしていた。だが、フェラーリがキミをキープしていたら間違いだっただろう」

「我々全員がチームメイト同士の激しいドゥエル(決闘))を望んでいる。セナとプロスト、ルイスとニコ(ロズベルグ)、そして、今はシャルルとセブのね」

「レッドブルを見れば、マックス・フェルスタッペンはピエール・ガスリーからのプレッシャーがゼロだ。ガスリーはまだそのレベルに達していない。それ良いことではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / フェラーリ