3戦連続で同じエンジンを使用するデビッド・クルサード(レッドブル)
デビッド・クルサードは、ハンガリーGPで同じエンジンを3戦連続で使用する予定だ。

2レース1エンジンというレギュレーションに基づき、レッドブルは、シルバーストンとホッケンハイムで同じルノーV8エンジンを使用した。

しかし、レッドブルにエンジンを供給するルノーは、ハンガロリンクで、クルサードのRB4に新しいエンジンを積まないことを明らかにした。

一方、ドイツGPでオイル漏れによりリタイアしたチームメイトのマーク・ウェバーのRB4には、ルノーから新しいエンジンが届けれらるようだ。

レッドブルのエンジン供給責任者であるルノーのファブリス・ロムはこれについて「このような決断をしたのは初めてだ」と語った。
クルサードは、シルバーストンのレースを1周目でリタイアしていることから信頼性については心配していないと語る。

「まず、彼のV8エンジンはそれほど多くの距離を走り込んではいない。加えて、二人のドライバーのエンジン交換サイクルを変えることで、リスクを分散させることができる。」

「今回の決断は、シーズン後半戦の物流面で役に立つはずだ。そして最終的にデビッド(クルサード)はスパとモンツァで同じエンジンを使用しなくてもいいということになる。この2つのサーキットはカレンダー上でも最も厳しく困難なサーキットだからね。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / レッドブル