F1 アストンマーティン コスワース レッドブル・レーシング
アストンマーティンは、コスワースとの共同F1プロジェクトでエンジンサプライヤーとしてF1に参入することに前向きあることを示唆した。

今年からレッドブルのタイトルスポンサーとしてF1への関与を深めるアストンマーティンだが、2021年に安価でシンプルなF1エンジンレギュレーションになった場合にはエンジンビルダーとしてF1に参入することに興味を示している。

一方、コスワースは最近、2021年に新しいF1エンジンレギュレーションが導入されても独立系エンジンサプライヤーとして復帰するには外部からの支援が必要だとし、アストンマーティンと提携したいと考えていることを明らかにしていた。

コスワースのパワートレイン責任者を務めるブルース・ウッドは「我々は長年にわたってアストンマーティンと多くの仕事をしてきた。レッドブル、そして、ヴァルキリーのチームとも非常に密接に仕事をしている。だから、そこには一定のロジックがある」とコメント。

「アストンマーティンは、他社のエンジンにバッジをつける以上のことをしたいと考えていることを非常に明確にしている。彼らも全てを彼らだけで設計していくことは望んでいないので、そこは自然にフィットする」

「アストンマーティンとレッドブルは非常に強い関係を築いている。そこで一緒に何かをやりたいという願望があるのは確かだ」

これを受け、アストンマーティンの最高経営責任者を務めるアンディ・パーマーは、コスワースとの提携に興味があると語る。

「コスワースはヴァルキリーのための重要なパートナーのひとつであり、我々はV12エンジンの製造において彼らと密接に仕事をしている」とアンディ・パーマーは Auto Hebdo にコメント。

「この提携をF1プロジェクトに拡大することは理にかなっており、喜んで検討したい提案だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: コスワース