コスワース F1
コスワースが、F1復帰にむけて準備を開始。同社は2021年の新エンジン規約の骨子の作成に協力することをコミットしている。

コスワースのエンジンを搭載したマシンはF1で176勝を挙げているが、マルシャに供給した2013年を最後にF1から撤退している。

新F1エンジン規約の計画はまだ確定してはいないが、よりシンプルで安価なV6ターボハイブリッドを導入する方向で進められており、コスワースが再びF1復帰する十分な内容となっている。

コスワースのCEOを務めるハル・レイシガーは、将来のルールを楽観的に感じており、チームとのポジティブなトークがF1プロジェクトにリソースを投入していくことを納得させたと述べた。

「既存チームから大きなサポートを得ている。我々は数チームと議論しており、それは進行をコミットさせるほどのものだ」とハル・レイシガーは Autosport にコメント。

「常に多くのチームが長期的にコミットしてくれる方がいい」

「だが、我々は、持続可能なエンジンパートナーになり得るで既存および将来的なチームとパートナーを組むことを口頭で合意している」

コスワースは、2021年の規約を確定するために設立された新しいF1ワーキンググループで重要な役割を果たしていくことに合意している。

「エンジン規約が変更になるのであれば、我々はF1復帰に非常に適していると思っている。その強制的な変更は熱エネルギー回生システムでなければならない。それは最も高価で時間のかかる要素だからだ」

「F1が2021年に新しいエンジンサプライヤーを望むのであれば、その点でいくつかの変更がなされなければならない」

コスワースには、メルセデスたフェラーリの規模のメーカーと戦えるエンジンを生産するインフラがあるかと質問されたハル・レイシガーは「ある。それは我々が奉仕するチームだけでなく、我々自身のブランドにとっても重要なことだ。競争力がないのであれば、関与すべきではない」とコメント。

「我々は大きな歴史のあるブランドだ。人々がレースに勝つのを手伝うことで、我々のブランドを守っていきたい。我々にはそれができると考えている」

コスワースにとって考えられる1つのシナリオは、メーカーのエンジンの設計と構築をサポートし、メーカーのバッチをつけることだ。

コスワースは、エイドリアン・ニューウェイが設計したアストンマーティンのハイパーカー『ヴァルキリー(VALKYRIE)』にエンジンを供給しており、すでにレッドブルがパートナーになるとの推測がある。

ハル・レイシガーは、来年までに決定する必要はないが、2021年の復帰を実現させるのであれば、12ヶ月のスケジュールでエンジンの設計を開始する必要があるだろうと述べた。

「だいたい2018年に開始することになるだろう。1年前にはエンジンを動かすことに関していくつかの議論があることはわかっているし、それはすぐに実際に仕事をすることを意味する」

「LMP1エンジンに関しては、11か月でコンセプトからダイナモまで進んだ。我々はその種の能力に関しては非常に素早い」

「多くの企業がその速さで動かせられるかはわからないが、我々にはそれがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: コスワース