F1 中国GP 2018年のF1世界選手権
FIAは、2018年のF1世界選手権 第3戦中国GPの決勝スターティンググリッドを発表。予選からグリッドに変更はない。

F1中国GPの予選Q1でマーカス・エリクソン(ザウバー)にダブルイエロー無視で5グリッド降格ペナルティが科せられたが、エリクソンは最下位20番手だったため、グリッド順に変更はない。

プラクティス3でエンジントラブルに見舞われたダニエル・リカルドは、すでに2基目のコントロールエレクトロニクスとエネルギーストアを投入していたが、今回交換されたのはそれ以外のICE、ターボ、MGU-H、MGU-Kとなりペナルティはない。だが、リカルドはコンポーネントのすべてが2基目となっている。

ポールポジションに並ぶのは前戦に続いてフェラーリのセバスチャン・ベッテル。2番グリッドにはチームメイトのキミ・ライコネンが並び、フェラーリがフロントローを独占。2戦連続でフェラーリの2台がフロントローに並ぶのは2006年以来となる。

2列目にはバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンのメルセデス勢。上位2列のドライバーはソフトタイヤでのスタートとなる。

3列目にはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドンのメルセデス勢が並び、4列目はニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とセルジオ・ペレス((フォース・インディア)が並ぶ。

トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが8列目15番手から、ピエール・ガスリーが9列目17番手から56周の決勝レースに挑む。

中国GP決勝レースは15日(日)午後2時10分(日本時間午後3時10分)にスタートする。

2018年 第3戦 F1中国グランプリ スタ-ティンググリッド

中国GP:スタートタイヤ

F1 中国グランプリ 各ドライバーの持ちタイヤ数F1 中国グランプリ 各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2018年 F1中国GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1中国GP