シャルル・ルクレール 「日本ではファンの珍しい光景が見れる」 / F1日本GP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールが、2022年F1日本GPについての意気込みとともに、鈴鹿サーキット、そして、日本のファンについて語った。

「このトラックにいること自体が影響を与える」とバドックでシャルル・ルクレールは鈴鹿サーキットについての印象を語った。

「ここでのドライビングは本当に楽しい。特にS字のある第1セクターは特にね。実際、全般的に素晴らしい。特に要求が厳しいことによってね。素晴らしいラップをまとめるためにはすべてのコーナーを完璧にこなさなければならない」

シャルル・ルクレールは、フェラーリ F1-75は鈴鹿サーキットでも競争力を発揮できると考えている。

「僕たちは競争力があると思う。とは言え、ここがある意味でのホームレースである僕たちのメインのライバルも同様だろう」とシャルル・ルクレールはコメント。

「でも、僕たちの車には大きなポテンシャルがあると信じているし、土曜日に通常示しているレベルを確認して、日曜日の運用方法を改善させるだけだ」

また、シャルル・ルクレールは海外のファンと比べても独特だと語る。

「情熱はイタリアやヨーロッパのサポーターから感じられるものと似ている」とシャルル・ルクレールは語る。

「でも、文化が非常に異なることもあって、パドック内でまるで僕たちドライバーの一人であるかのように完全なレーシングスーツとヘルメットを着用したファンなど、いくつか珍しい光景を見ることができる

「でも、彼らはみんな非常に知識が豊富なので、彼らの前でレースをするのは素晴らしいことだ。今日すでにトラックやグランドスタンドで跳ね馬の旗を掲げている人たちに何か応援できるものを提供できることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1日本GP