シャルル・ルクレール 「最後のステイアウトはうまくいかなかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1イギリスGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を4位で終えた。

シャルル・ルクレールは、4月のメルボルン以来の勝利を収めるために良いポジションにいるように見えた。だが、それはレース終盤のセーフティカーによって一変した。フェラーリのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、新品タイヤのアドバンテージを生かしてルクレールをオーバーテイクし、F1初勝利を収めた。

赤旗中断後の3周目のレースリスタートを3番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンが車にダメージを負って後退した後、レースリーダーのカルロス・サインツJr.に迫っていた。

シャルル・レクレールは31周目に前にチームオーダーで出ることを許可されたが、その8周後にセーフティカーが出動したとき、カルロス・サインツJr.、ルイスハミルトン、セルジオペレスが新しいソフトタイヤをピットインしたが、ルクレールはハードタイヤでステイアウトしてリードを続けた。だが、レースが再開され、ルクレールはペレスとハミルトンを勇敢にかわそうとしたが、彼は最終的にそれは実現せず、「失望した」4位でレースを終えた。

「セーフティカー以降の最後の部分は本当にうまくいかなかった」とシャルル・ルクレールは語った。

「それ以前は。非常に速かったので、ファーストラップ(ルクレールはリスタートでペレスと接触)は終わったと思った。フロントウイングが飛んでいくのが見えたし、『良くはなさそうだ』と思った」

「でも、その後、僕たちは適切なバランスを見つけることができたし、ツールを少し変更し、ドライビングを少し変更し、すべてが勝利に向けて順調に進んでいた」

「でも、最後のセーフティカーで、僕たちリードカーとして残ることを決断し、後続の車はピットインした。僕とカルロスのことだけどね。それは僕にとって報われなかったし、それは大きな失望だ」

「その一方で、カルロスにとっては素晴らしいことだ。彼にとっては夢が叶ったと思うけど、自分のレースの失望を隠すこともできない。がっかりしている」

一方、スクーデリア・フェラーリのデブリーフィングで鋭い質問をするかと質問されたシャルル・ルクレールは、セーフティカー中のチームの行動を判断する前に、全体像を把握したいとし、少なくとも最終ラップでセルジオ・ペレスとルイス・ハミルトンとのバトルを楽しんだと付け加えた。

「外部から、1つの決定のすべての詳細を取得するまで、コメントするのは非常に困難だ」とシャルル・ルクレールは語った。

「もちろん、フラストレーションは高いです。その後の僕のレースは非常に困難になったからね。とにかく後ろの車を抑えるためにベストを尽くした。でも、明らかに新品のソフトと中古のハードはかなり大きな違いだ」

「楽しかったし、レースの後半はどこでも限界まで攻めていた。非常にトリッキーだったけど、それがポジションを維持するためにやらなければならなかったことだし、これ以上うまくやれたとは思わない。チームと一緒に分析して、そこでもっとうまくできることがあったかどうかを理解していくつもりだ」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イギリスGP