シャルル・ルクレール 「フェラーリF1の働き方の理解に1年近くかかった」
シャルル・ルクレールは、フェラーリのような大規模なF1チームの“ダイナミクス”を完全に理解するのに1年近くかかったと語る。

フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーとして、2018年にザウバー・アルファロメオからF1デビューしたシャルル・ルクレールは、2019年にフェラーリF1に移籍。スクーデリアの多くのメンバーに精通していた。

慣れ親しんだ環境でチームとの統合が容易になったが、2回のグランプリウィナーであるシャルル・ルクレールは、それでもフェラーリF1の内部の仕組みを完全に理解するのに長い期間を要したと語る。

「最初から快適でした」とシャルル・ルクレールは Beyond theGrid ポッドキャストで語った。

「学ぶべきことがたくさんあったけど、社会的関係について、すぐにそれらを知っているように感じた」

「そのあと、ビッグチームの働き方を快適に感じることができたか? 1年近くかったかもしれない」

「チームのダイナミクス、問題にどのように直面するか、それらの問題にどのように対応するかを正確に理解するためのほぼ1年かかった。そうだね、ほぼ1年くらいだ」

シャルル・ルクレールは、彼が収集した知識の量のおかげで、調整期間は実際には非常に迅速に展開されたと語る。

「長い時間だ。確かにそれは非常に長い時間だけど、非常に興味深い時間でもある」とシャルル・ルクレールは付け加えた。

「生活がずっと短く感じ、すべてのステップを感じることができ、何かを学び、それを適用するたびに、すべてがどのように機能するかをよりよく理解するようになる。状況をよりコントロールしていると感じてくる」

2019年にフェラーリに移籍し、2勝を達成した後、シャルル・ルクレールは近代のフェラーリ史上最悪のパフォーマンスの低迷に耐えた。

しかし、昨年の冬のマラネッロでのハードワークは今シーズンの大きな進歩につながった。その一歩はモナコとバクーでのルクレールの2戦連続のポールポジションと、シルバーストンでのF1イギリスGPでの強力なパフォーマンスによって確認された。

シャルル・ルクレールは、過去3年間の良いときと悪いときを通して、ドライバーとしてだけでなく、個人としても進化したと語る。

「ドライバーとして、人として、大きく成長したように感じている」とシャルル・ルクレールは語った。

「どれだけ良いか? 定量化するのは難しいけど、最初に到着したときと比較して、間違いなくより良いドライバーを感じている」

「いろいろと困難なレースがあったけど、良いレースもあり、僕たちがどれだけ詳細に取り組んでいるか…でも、それは非常に興味深いものになった」

「ここは僕が常に学んでいるスポーツであり、このグリッドの全員がマシンに乗るたびに学んでいると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ