シャルル・ルクレール、レッドブルF1移籍を画策?
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、レッドブルF1移籍の可能性について探りを入れていると報じられている。

今年、レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスは、これまでのレースで1回の優勝を含めて過去2年のチームメイトとは異なる働きを示しており、レッドブルはペレスとの1年間の契約を延長することを決心していると報じられている。

一方、フェラーリの将来を背負って立つドライバーとして期待がかけられているシャルル・ルクレールだが、今季は新加入のカルロス・サインツの存在によってその陰は薄くなっている。

Motorsport.comのイタリア語版の報道によると、F1パドックのメンバーは、フェラーリがメルセデスとレッドブルの競争力に匹敵できずに漂流しているため、シャルル・ルクレールがフェラーリで「少し混乱している」と伝えている。

もちろん、2022年のまったく新しいF1マシンで変わる可能性があり、シャルル・ルクレールは2024年まで契約を結んでいる。

しかし、報道によると「市場のサイレンは、ヘルムート・マルコが本物の“ドリームチーム”を作りたかったかどうかを知るために、レッドブルと接触があったかもしれないことを示唆している」と伝えている。

シャルル・ルクレールには、フェラーリとの契約にパフォーマンス条項があることを示唆しつつ、レッドブルが「金の卵を産むガチョウとしてフェルスタッペンに投資した人々が、機能するシステムを壊したいと思っているとは信じがたい」と結論付けている。

ライターのフランコ・ヌグネスは、メルセデスがジョージ・ラッセルとハミルトンをペアにすることを決定した場合、マックス・フェルスタッペンとシャルル・レクレールのパートナーシップが理想的な対抗措置になるだろうと述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / レッドブル