フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「2倍の給料を提示されても移籍はしない」
シャルル・ルクレールは、ライバルチームから給料を2倍にするオファーがあったとしても、フェラーリF1を離れることはないと語った。

シャルル・ルクレールは、2024年まで5年間契約を延長しており、推定年俸は1000万ドルとされている。ルクレールは、契約交渉時に2019年F1マシンを貰えないかを尋ねたと語る。

「昨年契約を結んだときに頼んだんだけど、受け取れてよかったよ」とシャルル・ルクレールは微笑んだ。

シャルル・ルクレールが2019年にF1初優勝を果たした『SF90』は、4月上旬にモナコの自宅に届けられた。

現在、フェラーリF1は勝利を争える立場にはいないが、シャルル・ルクレールはたとえ2倍の給料を提示されてもライバルチームに移籍することはないと語る。

「いいや、フェラーリは特別だからね」とシャルル・ルクレールは Il Giornale に語った。

「お金はひとつのことだけど、僕はこのプロジェクトを信じているし、子供の頃に夢見ていたチームでずっと走りたいと思っている」

「ここにいるのは素晴らしい気分だし、自分で設定した目標を達成したいと思っている。それを達成するまで離れない」

シャルル・ルクレールは、フェラーリF1が2021年に「大きな一歩」を踏み出したが、上位勢とのギャップを埋めるにはもう1つ大きな一歩が必要だと語る。

「僕たちとメルセデス、レッドブルとの間にはまだ大きな差がある」とシャルル・ルクレールは語る。

「今のところの目標は、マクラーレンの前に出ることだ」

La Gazzetta dello Sport は、フェラーリF1がイモラに新しいディフューザーを含む開発を投入したと報道。また、Auto Motor und Sport は、フェラーリF1が6月まで今季マシンの開発を続けると主張している。

「2021年に何を保持し、来年のプロジェクトのために何を破棄するかをまだ確認する必要がある」とシャルル・ルクレールは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ