シャルル・ルクレール、期待以上の予選4番手も「レースは厳しいと思う」 / フェラーリ F1イギリスGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1イギリスGPの予選でサプライズともいえる4番グリッドを獲得。それでも、週末のロングランのペースを考えれば、決勝は難しいものになると予想する。

「僕たちが期待していたよりもはるかに良い予選だった。これまでの仕事と最終ラップにとても満足している。すべてをまとめられたと思うし、クルマのバランスはかなりいい感じだった」とシャルル・ルクレールは語る。

「マシンからあれ以上は引き出せなかったと思うし、4番手にとても満足している。また、Q2ではミディアムタイヤで素晴らしいラップをしてQ3に進むことができた。本当に良い決断だった」

「昨日はレースペースで苦労していたので、明日は現実的には難しいと思う。一晩かけてマシンを変更した変更したけど、それが目に見えて予選ペースに影響を与えなかることはなかったし、良い戦略によってタイヤ選択のアドバンテージを得られることを期待している。明日を本当に楽しみしている。多くのポイントを獲得できることを期待している」

関連:F1イギリスGP 予選:ハミルトンPP獲得でメルセデスが1列目独占。3番手のフェルスタッペンとは1秒差


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1イギリスGP