シャルル・ルクレール 「アルバート・パークは常に集中力が必要」 / フェラーリ F1オーストラリアGP プレビュー
フェラーリのシャルル・ルクレールが、2020年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPにむけて意気込みを語った。

「メルボルンを3つの言葉で要約しなければならないとすれば、美しい、トリッキー、楽しいになるかな。美しいについては都市について言及したものだ。活気に満ちているし、若い人口が多くて、それらより活気を与えている」とシャルル・ルクレールはコメント。

「トラックはストリート・サーキットなので本当にエキサイティングだ。とても速いセクションもあるけど、ウォールの間でレースをするのはいつだって大好きだらね。ただ、特に週末の序盤は路面が汚れていて、常設トラックほどのグリップが得られないので、本当にトリッキーだ」

「アルバート・パークのトラック特性によって、容赦ないものにレースになるし、ミスは高い代償をともある。コックピットにいるときは常に完全集中していなければならない」

関連:2020年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1オーストラリアGP