F1 シャルル・ルクレール マックス・フェルスタッペン
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1イギリスでのレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとのバトルは“自分がF1を初めて以来最も楽しいレースだった”と語った。

2週間前のオーストリアGPで論争になったシャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンは、ピットレーンでのサイド・バイ・サイドでの走行を含め、レースを過程で激しいバトルを繰り広げた。

シャルル・ルクレールは3位表彰台を獲得。マックス・フェルスタッペンは、セバスチャン・ベッテルからの追突からリカバーして5位でレースを終えている。

2018年にザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンのバトルはこれまでで最も楽しいレースだったと語る。

「非常に困難だった」とシャルル・ルクレールは語る。

「現時点では予選のペースでは強いことができると思うけど、レースペースに取り組む必要がある」

「レッドブルの方がタイヤを長持ちさせるのが優れているようだ。だから、マックスを長い間抑えようと頑張った」

「でも、クルマに乗っていて、おそらく自分がF1を初めて以来、最も楽しいレースだったことは間違いない」

「とても楽しかったし、ハードなレースだった。常に境界線上にあったけど、それでもルールの範囲内だったし、その戦いを本当に楽しんだ」

シャルル・ルクレールは週末前に、オーストリアでの一件を受け、よりアグレッシブに攻めるつもりだと語っていた。

「個人的なことは何もないけど、オーストリアの後、スチュワードがこの種のレースを私たちに受け入れてくれるのであれば、より満足するだろうと僕は言っていた」とシャルル・ルクレールはコメント。

「それが今週末やったことだ。特別なことは何もない」

「とにかく普通よりも激しくレースした。過去2レース、いや、それよりも少し前から、F1がハードレースを望んでいて、ドライバーたちがハードレースを切望していると感じていたからね」

「僕たちはそのようなレースをすることを最も楽しんでいる。それが僕がしたことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | F1イギリスGP | マックス・フェルスタッペン