F1 シャルル・ルクレール
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1モナコGPの予選でチームの明らかなカットオフラインの読み間違いによってQ1敗退を喫したことで不満と不信感と募らせた。

フェラーリのドライバーとして初めての母国レースとなったシャルル・ルクレールは、フリー走行3回目にトップタイムを記録して大きな期待とともに予選に臨んだ。

Q1では1回目の走行で完璧なラップではなかったもののトップ10圏内に名を連ねていた。しかし、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを含めた他のドライバーが路面状況が改善するなかで2回目のアタックを行うなか、シャルル・ルクレールはガレージで自分がタイムシート上でノックアウトゾーンに脱落していくのを見ていることしかできなかった。

「チームに僕たちが安全だと確信しているかと尋ねた。彼らは『そう思っている』と答えた。僕は『もう一回出て行かなく大丈夫?』と言ったけど、あやふやな答えしかなかった」ととシャルル・ルクレールは怒りと不信感が入り混じった顔でコメント。

「訳がわからない。まだ詳しい説明を受けていないからね。受け入れるのはとても難しいことだ」

「フェラーリでQ1脱落というだけでも落胆しているけど、母国レースだし、オーバーテイクができないトラックなのでさらにがっかりしている。僕たちにはこのようなことをしている余裕はないはずだ」

シャルル・ルクレールは、ピットに戻った際に計量の信号を見逃して、FIAの計量ブリッヂまで戻されることになった。しかし、それがQ1敗退の要因ではないとルクレールは語る。

「ボックスから出たときでももう一度出ていくだけの十分な時間はあった」とシャルル・ルクレールはコメント。

「計量ブリッジの問題ではなかった。再び出ていけるだけの燃料は積んでいたし、タイヤを交換する必要があるだけだった。ノー、ノー、そこ(計量)は問題ではない。説明が必要だ。今のところは訳がわからない」

関連:F1モナコGP 予選 | ルイス・ハミルトンが気迫の走りでPP獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール