F1 シャルル・ルクレール
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1バーレーンGPの決勝レースで終盤まで完璧なレースでトップを走行していたが、終盤にパワーユニットにいトラブルが発生。3位でレースを終えたが“モータースポーツにはこういうこともある”と前を向く。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、序盤に順位を落としたものの、すぐに挽回してトップを走行。

一時は2位に8秒以上の差をつけて初優勝は確実かと思われたが、46周目にパワーユニットに異常が発生。MGU-Hの故障とみられるトラブルで5秒以上タイムを落とす。そして、48周目にルイス・ハミルトン、54周目にバルテリ・ボッタスに抜かれて3番手まで順位を下げた。

しかし、55周目にルノーの2台のリタイアによってセーフティカーが入ったことで3位でフィニッシュ。F1初表彰台を獲得するとともに、ファステストラップも記録して16ポイントを獲得した。

レース後、シャルル・ルクレールは「仕方がない。モータースポーツにはこういうこともある。僕たちの日ではなかったんだろうね」とコメント。

「でも、オーストラリアからうまく挽回できた。もちろん、がっかりしているし、チームもそうだと思う」

シーズン中にこういうこともあるかと思う。ラッキーなときとそうでないときがね。最後にセーフティカーが入らなかったら、もっと順位を落としてたかもしれない」

「辛いけど、チームに感謝している。今週末ここまでこれてよかったと思う。レース中は強さがあったけど、今日は3位になってしまったけど、仕方ないことだ」

「僕は結果というよりも、いつも自分に何ができるかを重要視しているし、クルマのポテンシャルをもっと引き出したいと思っている」

「今回はたまたまこうなってしまった。でも、ルイスとバルテリにおめでとうと言いたい」

優勝したルイス・ハミルトンは「シャルルは頑張ったし、本人もがっかりしていると思う。今回僕たちはラッキーだった」とルクレールをねぎらった。

「彼はこれからどんどん優勝を重ねていけるドライバーだ」

関連:F1バーレーンGP 結果:波乱のレースをルイス・ハミルトンが制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1バーレーンGP