シャルル・ルクレールの2021年07月のF1情報を一覧表示します。

シャルル・ルクレール、今季初優勝を逃し「半分幸せ、半分がっかり」

2021年7月19日
シャルル・ルクレール、今季初優勝を逃し「半分幸せ、半分がっかり」 / F1イギリスGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1イギリスGPで残り3周で抜かれて今季初優勝を逃して2位でフィニッシュ。ほろ苦い感情を残した。

シャルル・ルクレールは、スタートでバルテリ・ボッタスを抜いた後、コプスコーナーでマックス・フェルスタッペンと衝突したルイス・ハミルトンを追い抜いて、シルバーストンでレースをリードした。

シャルル・ルクレール 「決勝で苦戦する理由はない。表彰台を狙う」

2021年7月18日
シャルル・ルクレール 「決勝で苦戦する理由はない。表彰台を狙う」 / フェラーリ F1イギリスGP スプリント予選
シャルル・ルクレール 「明日が苦戦する理由はない。表彰台を狙う」 / フェラーリ F1イギリスGP スプリント予選

フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を4位でフィニッシュ。SF21のペースに自信を感じており、表彰台争いに絡めるはずだと自信をみせる。

シャルル・ルクレール、レッドブルF1とのコンタクトを否定「ゴシップ」

2021年7月16日
シャルル・ルクレール、レッドブルF1とのコンタクトを否定「ゴシップ」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、彼のマネジメントがレッドブルF1とコンタクトを取っているとの報道を“ゴシップ”だと否定した。

報道によると、フェラーリのナンバー1ドライバーとして広く認められているシャルル・ルクレールは、チームの進歩に失望し、将来の選択肢を模索。ヘルムート・マルコにマックス・フェルスタッペンとの“ドリームチーム”を結成する気があるかどうか知ためにレッドブルF1にコンタクトを取ったと報じられた。

フェラーリF1のシャルル・ルクレールが語るベッテルとサインツの違い

2021年7月15日
フェラーリF1のシャルル・ルクレールが語るベッテルとサインツの違い
フェラーリF1のシャルル・ルクレールが、チームメイトとしてのカルロス・サインツとセバスチャン・ベッテルとの関係の違いについて語った。

2018年にフェラーリのアカデミードライバーとしてザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールは、わずか1シーズンの経験でフェラーリに昇格。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルのチームメイトとなった。

シャルル・ルクレール、レッドブルF1移籍を画策?

2021年7月12日
シャルル・ルクレール、レッドブルF1移籍を画策?
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、レッドブルF1移籍の可能性について探りを入れていると報じられている。

今年、レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスは、これまでのレースで1回の優勝を含めて過去2年のチームメイトとは異なる働きを示しており、レッドブルはペレスとの1年間の契約を延長することを決心していると報じられている。

シャルル・ルクレール 「ペレスとはレース後に話してわだかまりを解いた」

2021年7月5日
シャルル・ルクレール 「ペレスとはレース後に話してわだかまりを解いた」 / F1オーストリアGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1オーストリアGPの決勝を8位でフィニッシュ。レース中のセルジオ・ペレスとの2回のホイール・トゥ・ホイールのバトルでは無線で怒りを露わにしたが、レース後に話し合って問題は解決したと語った。

セルジオ・ペレスは、レース終盤にシャルル・ルクレールをコース外に押し出したとして別々のインシデントに対して2つの5秒加算ペナルティを科された。

フェラーリF1のシャルル・ルクレール、Q2敗退は「戦略プラン通り」

2021年7月4日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、Q2敗退は「戦略プラン通り」 / F1オーストリアGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年F1オーストリアGPの予選で12番手で終えたが、Q2敗退はチームの“戦略の一種”だったと認めた。

シャルル・ルクレールは、決勝を12番グリッドからスタートするが、タイヤを自由に選択できるようにするためにQ3に進出しないことはチームの意図だったと主張する。

シャルル・ルクレール、16番手タイムも「先週と同じくらい競争力がある」

2021年7月3日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、16番手タイムも「先週と同じくらい競争力がある」 / F1オーストリアGP 金曜フリー走行
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、フリー走行2回目を16位で終え、チームメイトのカルロス・サインツも13番手と振るわなかったが、楽観的な見方を維持していいと語る。

先週末のF1シュタイアーマルクGPで強力なパフォーマンスを発揮した後、フェラーリF1のファンは、今週末の日曜日にレッドブル・リンクでそれ以上の結果を求めている。

シャルル・ルクレール、2022年F1マシンでシム作業「非常に異なる」

2021年7月2日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、2022年F1マシンでシム作業「非常に異なる」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、シミュレーターで2022年F1マシンの作業を開始しており、新世代のF1マシンは「非常に異なる」と感想を語った。

2022年にF1は完全に再設計されたレギュレーションを導入し、グリッド全体のギャップを縮め、追従しやすいマシンでオーバーテイクを増加させることを目指している。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム