シャルル・ルクレールの2021年05月のF1情報を一覧表示します。

シャルル・ルクレール、次戦F1アゼルバイジャンGPではギアボックスを交換

2021年5月29日
シャルル・ルクレール、次戦F1アゼルバイジャンGPではギアボックスを交換
フェラーリF1は、次戦F1アゼルバイジャンGPでシャルル・ルクレールのマシンのギアボックスを予防措置として新品のものに交換することを決定した。

シャルル・ルクレールは、前戦F1モナコGPでQ3の最初の走行のタイムでポールポジションを獲得したが、最後の走行でクラッシュ。フェラーリF1は、5グリッド降格ペナルティを回避するためにギアボックスを交換しないことを決定した。

「ルクレールをポールからスタートさせようとしたフェラーリは正しい」

2021年5月27日
「ルクレールをポールからスタートさせようとしたフェラーリは正しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、日曜日のF1モナコGPでシャルル・ルクレールがポールポジションからスタートできるようにギアボックスを交換しないというリスクを犯したフェラーリは正しい判断をしたと考えている。

シャルル・ルクレールは、土曜日にポールポジションを獲得すると同時にマシンをクラッシュ。フェラーリは5グリッド降格を避けるためにギアボックスを交換しないことを決断。これを過度なギャンブルだったと考える人もいる。

「悪いのはクラッシュしたシャルル・ルクレール」と元F1王者

2021年5月26日
「悪いのはクラッシュしたシャルル・ルクレール」と元F1王者
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、シャルル・ルクレールは、F1モナコGPの決勝でスタートすることさえできなかったドライブシャフトの故障について“自分を責めることしかできない”と考えている。

予選でポールタイムを記録していた最終ラップでフェラーリをクラッシュさせたシャルル・ルクレールには、有名な“ラスカスゲート”のような意図的な動きだったのではないかとの疑問を引き起こした。

フェラーリF1 「ルクレールのドライブシャフト故障は予選クラッシュが原因」

2021年5月25日
フェラーリF1 「ルクレールのドライブシャフト故障は予選クラッシュが原因」 / F1モナコGP
フェラーリF1は、F1モナコGPの決勝出場を阻んだシャルル・ルクレールのマシンに発生したドライブシャフトの故障は、予選でのクラッシュが原因だったとの調査結果を発表した。

シャルル・ルクレールは、予選でポールポジションを獲得すると同時にクラッシュ。フェラーリF1は、土曜日の夜と日曜日の朝にマシンをチェックし、決勝への出場にゴーサインを出した。

フェラーリF1 「ルクレールのドライブシャフトはチェックしていなかった」

2021年5月24日
フェラーリF1 「ルクレールのドライブシャフトはチェックしていなかった」 / F1モナコGP 決勝
フェラーリF1は、F1モナコGPでの予選Q3でのクラッシュの後、シャルル・ルクレールのマシンの初期検査で左側のドライブシャフトは壊れていなかったので、それ以上のチェックはしていなかったと明かした。

F1モナコGPでポールポジション獲得と同時にクラッシュを喫していたシャルル・ルクレールだったが、激しい衝撃だったにも関わらず、最も大きな問題だったギアボックスを交換する必要がないことが確認され、ポールポジションからレースをスタートできそうだった。

シャルル・ルクレール、サインツを祝福「彼とチーム全体のために嬉しい」

2021年5月24日
悲劇のシャルル・ルクレール、サインツを祝福「彼とチーム全体のために嬉しい」 / フェラーリ F1モナコGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、ホームレースとなった2021年のF1モナコGPでポールポジションにマシンを置くことができなかった。それでも、チームとの初表彰台を獲得したチームメイトのカルロス・サインツを祝福した。

ポールポジションを獲得した予選でクラッシュを喫したシャルル・ルクレールは、ギアボックスなどペナルティを科せられることなくレースをスタートできることが確認されていた。

シャルル・ルクレール、決勝前にまさのドライブシャフト故障で出走断念

2021年5月23日
シャルル・ルクレール、決勝前にまさのギアボックストラブルで出走断念 / F1モナコGP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1モナコGP決勝前のレコノサンスラップでドライブシャフトにトラブルが発生。決勝出場を断念することになった。

シャルル・ルクレールは、シャルル・ルクレールは、F1モナコGPの予選でポールポジションを獲得したものの、終了間際にプールサイドシケインでクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、多くのマシンがアタックできず、1回目のアタックでトップに立っていたルクレールがそのままポールポジションとなった。

シャルル・ルクレール、マシンに変更なしでポールポジションが確定

2021年5月23日
シャルル・ルクレール、マシンに変更なしでポールポジションが確定 / F1モナコGP 決勝
フェラーリF1は、日曜日の朝に改めてシャルル・ルクレールのマシンを詳細にチェックした結果、変更箇所は見つからなかったことを報告。ルクレールはポールポジションからスタートすることが確定した。

シャルル・ルクレールは、F1モナコGPの予選でポールポジションを獲得したものの、終了間際にプールサイドシケインでクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、多くのマシンがアタックできず、1回目のアタックでトップに立っていたルクレールがそのままポールポジションとなった。

シャルル・ルクレール 「複雑な気持ち。結果がどうであれ全力で戦う」

2021年5月23日
シャルル・ルクレール 「複雑な気持ち。結果がどうであれ全力で戦う」 / フェラーリ F1モナコGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの予選でポールポジションを獲得したが、終盤にクラッシュしてマシンは激しいダメージを負っており、ギアボックスなどの交換によってペナルティを科せられる可能性が残されている。

シャルル・ルクレールは、Q3最初のアタックでトップに立ち、最後のアタックでさらなるタイム更新を目指したが、プールサイドシケインでクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、ルクレールはそのままポールポジションとなった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム