カルロス・サインツ 「ティフォシの前で表彰台に上がりたかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1イタリアGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1イタリアGPの決勝を4位でフィニッシュした。

セーフティカーのせいで最悪の結果になったのはカルロス・サインツJr.だった。18番グリッドから約20回のオーバーテイクを行った後、ソフトタイヤを装着したばかりで、ハードタイヤで走行していた3位のジョージ・ラッセルに迫っていた。

カルロス・サインツJr.は、1周あたり1秒以上の速さで接近しており、最終ラップでジョージ・ラッセルを捕まえていたはずだった。セーフティカーが導入されたとき、フェラーリは新しいソフトのセットに交換し、摩耗したタイヤでステイアウトしたジョージ・ラッセルを攻撃できるようにしていたが、4位に落ち着かなければななかった。

カルロス・サインツJr.は、スタートした場所から14 ポジションアップの印象的な改善だった。

「良いレースだった! ほぼ毎ラップでオーバーテイクして、早い段階で4番手にまで上り詰めた」

「ソフトタイヤをピットインした後、ラッセルとの差を縮めていたし、最後に彼と3位争いをするチャンスがあったと思う。セーフティカーが出たときも、新しいソフトのセットでリスタートする絶好の機会があっただろうけど、残念ながらレースはそのまま終わってしまい、どちらのシナリオも起こらなかった」

「パフォーマンスとカムバックには満足しているけど、僕たちのペースを見れば、ティフォシのみんなの前で表彰台に上りたかった」

「今日は素晴らしいサポートをありがとう。最後までプッシュし続けるよ!」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1イタリアGP