カルロス・サインツJr. 151戦目の初ポール 「勝利を目指して戦えると確信」 / スクーデリア・フェラーリ F1イギリスGP 予選
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選で自信初となるポールポジションを獲得した。

Q3の大詰めのフライングラップで好転するコースコンディションを最大限に活かしたのは1分40秒983を叩き出したカルロス・サインツJr.だった。F1での151戦目にして自身初となるポールポジションを獲得し、史上104人目のポールシッターとなった。

「今日はとても嬉しい! ウェットのシルバーストンでかつポールを獲得できたことは、決して忘れることのできない特別なことだ」

「予選全体は非常にトリッキーで、コースコンディションによってすべてのラップは新しい冒険だった。グリップとトラクションを見つけることは大きな挑戦であり、すべてのラップで適応しなければならなかった」

「最後のアテンプトで、私は最大限の努力をしたし、僕たちにポールを与えた良いラップをまとめることができた」

「明日への自信は高いし、金曜日からのペースでレースに臨むことができることを願っている。ライバルとの激しい戦いになるだろうけど、準備はできているし、強いレースをまとめて、勝利を目指して戦えると確信している。レースをしよう」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ F1 イギリスグランプリ ポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1イギリスGP