カルロス・サインツJr. 「母国グランプリでのF1初勝利を夢見ている」 / スペイングランプリ
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、スペインのホームグランプでF1初勝利を実現することができれば、「これまでで最高の気分」になるだろうと語る。

カルロス・サインツJr.は、2015年のF1レビュー以来、スペイングランプリで力強いパフォーマンスを発揮し、毎回ポイントを獲得していた。

カルロス・サインツJr.は、F1で145回のスタートを切っているが、それよりも多くのグランプリに出場して未勝利なのは6人だけ。一方、F1史上最も遅い初勝利はセルジオ・ペレスの190戦だ。

今年は、カルロス・サインツは、7年間のF1キャリアで、初めてレースで勝利を狙えるマシンを手にしている。

「勝ちたいと思っている。でも、F1に到着した日からレースで勝つと考えている必要がある」とカルロス・サインツは語った。

「かなり待ってきたし、さらに待つ準備はできている。僕のホームグランプリが勝つことができればベストだろうね。僕はそれについて考え続けているし、それについて夢を見続けている」

「10歳のときにここでスペインGPを見たときからそれは変わっていない。F1ドライバーになることを決意して、それが実現した。その後、フェラーリドライバーになることを夢見て、それが実現した。そして、僕は勝つことを夢見ていた」

「先週、家に帰ってトレーニングをしてきたし、ここに完全に準備を整えて到達できるようにマイアミでの事故で首に負ったわずかな怪我を治すことに務めた」

「そうだね、勝利についてはかなり考えている。それが僕を動機づけているし、午前7時にトレーニングを行って、狂ったようにプッシュしている理由だ」

カルロス・サインツJr.は、オーストラリアとエミリア・ロマーニャでのリタイアによって窮地に立たされ、スクーデリア・フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールに51ポイント差の5位で週末に入る。

「シーズンの理想的なスタートではなかった」とカルロス・サインツJr.は語った。

「たぶん、すべてがどのように進んだかに100%満足していない最初の人は僕だ」

「同時に、それをポジティブに見ている。ここまでフィニッシュしたすべてのレースで表彰台を獲得しているし、車に100%満足していなくても、ポールポジションのために戦っている。完走したときは表彰台に上っている」

「オーストラリア、イモモの2つのゼロは、ドライバーズチャンピオンシップにとても大きな影響を及ぼているけど、同時に17レースが残っているので、まだ挽回するための十分な時間があると思っている」

カルロス・サインツJr. スクーデリア・フェラーリ 2022年 F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1スペインGP