フェラーリF1のカルロス・サインツ、3位表彰台 「学んだすべてをまとめることができた」 F1アブダビGP 決勝
フェラーリF1のカルロス・サインツは、タイトルを争う2人にスポットライトが当てられたF1アブダビGPで3位表彰台を獲得。フェラーリF1移籍初年度にチームメイトのシャルル・ルクレールを上回るランキング5位でシーズンを終えた。

他の移籍組と同様に序盤はマシンの対応に苦労したが、4回の表彰台を獲得。ランキング7位のチームメイトのシャルル・ルクレールよりも5.5ポイント多く獲得し、ルクレールのセカンドドライバーとしての契約ではないことを自らの力で証明し、フェラーリでの1年間の学習を完璧に締めくくった。

カルロス・サインツは、シーズン後半の3分の1は強力だったと感じており、F1アブダビGPを表彰台で終えることは、この進歩の“象徴”だと振り返る。

今シーズンにどのような結果を期待していたかと質問されたカルロス・サインツは「正直、何を期待していいのか分からなかった。でも、期待はかなり高かった」とSky Italiaに語った。

「僕が確信しているのは、ポジティブなシーズン序盤を過ごせたことに満足していることだ。それはシーズンをスタートするにあたって正しい足がかりになった」

「それは、そこからここフェラーリのドライバーとして素晴らしい成長を遂げさせてくれたし、シーズンの最後の3分の1では非常に力強い走りを見せて、表彰台、完璧なレース、そして、チャンピオンシップ5位でフィニッシュすることができた。僕の人生を変えることのない良い結果だ。もっと象徴的なことだ」

「この表彰台によって、今シーズン中に学んだすべてをまとめることができた。ファーストラップ、タイヤ、この3位を達成するためのすべてのことをね」

フェラーリF1は、新しいレギュレーションがチームをタイトル争いに戻すことができることを望んでいる。しかし、この段階でカルロス・サインツは、それが実現するかどうかを言うことは不可能だと語る。

「新しいマシンがどうなるか見てみよう」とカルロス・サインツは2022年の目標について語った。

「シミュレーターでは、運転するのが非常に難しいし、興味深い。まったく新しい課題になるだろう。すべてのドライバーが適応する必要がある」

「このマシンを運転するのが好きになり始めたちょうどその時、代わってしまう。でも、来年も良い仕事ができると確信しているし、今後の展開に自信を持って準備ができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / F1アブダビGP