F1 カルロス・サインツJr. マクラーレン
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1は現在ミッドフィールドのチームで活躍する才能のあるドライバーを維持するために協議の公平性を高めるためにレギュレーションを見直す必要があると警告する。

近年、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの上位3チームだけが優勝とタイトルを争う状況が続いており、カルロス・サインツは「早急な変更が必要だ。この傾向を変えるためにF1はすぐに見直す必要がある」と語る。

現在、カルロス・サインツは3強チームの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”を争っているドライバーの一人だが、ある時点でそれはF1に留まることのモチベーションとしては不十分になるかもしれない。

「毎レースを7番手で終えているグリッドの真ん中にいるドライバーは永遠に待つようなことはしないだろう」とカルロス・サインツはコメント。

現在、2021年の新レギュレーションが議論されているが、「対処する必要があるのは間違いなし、2021年にはそれが実現されるとことを願っている」とカルロス・サインツは付け加えた。

また、カルロス・サインツは、今シーズンのマーカス・エリクソンのインディカーでの活躍を指摘。F1ではポイントを獲得することにさえ苦労していたエリクソンは、昨年アルファロメオのシートを失い、インディカーに転向。表彰台を争う活躍をみせている。

「マーカスのようなドライバーが他のシリーズに転向し、すぐに素晴らしいスピードを示して、勝利や表彰台を争ってる。そして、自分たちは7番手のポジションを越えることができないことを理解する」

「僕はF1でたったの5シーズン目なので特に心配はしていない。でも、何年もここにいるペレスやヒュルケンベルグのことを考えれば、受け入れられないことだと僕は思う」とカルロス・サンツはコメント。

カルロス・サインツは、F1がチャンピオンシップとしてより競争力のあるものにするために他のトップスポーツシリーズに目を向けることを提案。最近、MotoGPの代表を務めるカルメロ・エスペレータとどのようにMotoGPでそれを実現したのかを話し合ったと語る。

「彼がしたこと、そして、マニュファクチャラーがどのようにしてECUなどの厳しい規制に対応してきたのかを何度も話し合った」とカルロス・サインツは語る。

「もちろん、彼らは最初は懐疑的だったけど、今では彼らはこれまで以上に幸せになっている。彼らはより多くの人々と戦っているし、より多くのブランドと戦っていることでブランドをより強くしている」

「それは非常に良い例だし、僕が将来のF1で見たいものだ。フォーミュラ1は間違いなく異なる種だ。でも、将来的には、もう少しドライバーに依存し、マシンには依存しないものに収束することを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / マクラーレン