F1 カルロス・サインツJr. マクラーレン
カルロス・サインツは、F1アゼルバイジャンGPでマクラーレン加入後初ポイントを獲得できて“安堵”したと認める。

開幕2戦でリタイアを喫し、前戦中国GPでは1周目の接触でポイントを獲得できていなかったカルロス・サインツだが、F1アゼルバイジャンGPで7位入賞を果たし、ようやくマクラーレンでの初ポイントを獲得した。

「個人的に少し安堵したよ」とカルロス・サインツは認める。

「3戦とも今日と同じようなペースがあったけど、どうして3戦連続で不運に見舞われてしまったのかまだ理解していない。今日は何も問題はなかったし、僕たちにできることを証明できたと思う」

「僕たちには週末を通して本当に素晴らしいペースがあった。昨日はイエローフラッグによってそれを活かせなかったのは残念だったけど、今日は8周以内にい望んでいた前のレーシングポイントを攻撃できる場所まで挽回することができた」

「それ以降は本当に良いペースを発揮していたし、ランド(ノリス)と(セルジオ)ペレスの後ろで最後までタイヤを管理することができた。(バーチャル)セーフティカーはペレスに1周あたり追加でコンマ5秒から1秒くらいを与えしまい、彼を抜くことができなかったけど、全体的にとても満足している」

チームメイトのランド・ノリスは、バーチャルセーフティカー中に前のセルジオ・ペレスにプレッシャーをかけることを狙ってピットインしたが、チームメイトのカルロス・サインツの後ろに後退していしまった。

ギャンブルは成功しなかったが、ランド・ノリスは後悔はしていないと語る。

「満足しているよ。チームとしてはピットストップ前のポジションから勝ちも負けもしていないからね」とランド・ノリスは語る。

「僕たちにはチェコ(ペレス)を抜ける直線スピードがなかったので、彼の前に出るためにもっと大きなアドバンテージが得られないか確認したかった。最終的には勝ちも負けもしなかったし、基本的に順位が入れ替わっただけだった。7位と8位でチームとしてポイントを獲得できたことに満足している」

誰の判断だったのかと質問されたランド・ノリスは「両方だ。オーバーテイクのためにピットインした。彼がピットインしていたら僕は入らなかっただろうし、その逆だった」とコメント。

「正しかったとは思わないとか、ステイアウトした方が良かったというのは簡単だけど、とにかく違ったことを試すチャンスだったし、僕は彼らの決定を信じていた」

「自分でそれに合意してピットインしたし、その決定は問題ない。チームとしての決定だ。望んだようにはうまくいかなかったけどね」

関連:F1アゼルバイジャンGP 結果 | バルテリ・ボッタスが今季2勝目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / マクラーレン / F1アゼルバイジャンGP