F1 カナダGP
F1カナダGPの主催者は、2029年までF1開催契約を延長したことを発表した。

F1カナダGPは、1987年と2009年を除き、1978年からジル・ビルヌーブ・サーキットで開催されている。

以前の契約は2024年までだったが、昨年からバーニー・エクレストンと交渉が行われており、さらに契約が5年間延長された。

ジル・ビルヌーブ・サーキットは、今シーズンのグランプリまでに改修を終えることが不可能だと報じられ、将来に疑念が持たれていた。

しかし、リバティ・メディアによるF1買収が完了した後、主催者はガレージ施設を含めたサーキットのアップグレードの実施に合意している。

今シーズンは、18歳のランス・ストロールがジャック・ビルヌーブ以来のカナダ人ドライバーとしてウィリアムズからF1デビュを果たす。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1カナダGP