ジェンソン・バトン FIA 世界耐久選手権 ル・マン24時間レース
元F1ドライバーのジェンソン・バトンが、SMPレーシングから2018/2019シーズンのFIA 世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラス参戦することが決定。ル・マン24時間レースでのフェルナンド・アロンソとの対決が実現することになった。

ジェンソン・バトンは、SMPレーシングのBR1 AER #11号車を元F1ドライバーのヴィタリー・ペトロフ、元インディカーのミカエル・アレシンとともに11号車を走らせる。

ジェンソン・バトンは、今年SUPER GTに参戦しているため、WECの開幕戦スパは第2戦富士と日程が重なるため欠場することになり、SMPレーシングのクルマで登場するのは6月3日のル・マンのテストデイになる。

「ル・マンでレースをするのはずっと夢だった。ル・マンで勝利を掴み取るのは全てのドライバーの夢だと思うし、僕も間違いなくそうだ」とジェンソン・バトンはコメント。

「チームメイトはミカエル・アレシンとF1でのレースでとても良く知っているヴィタリー・ペトロフになる。僕たちはル・マンで勝利を目指して戦う。全ドライバーが全てのレースで勝利を狙っているけど、僕たちには実際にル・マンで戦える良いチャンスがあると思う」

ジェンソン・バトンの参戦が決定したことで、今年F1と並行してトヨタからWECへの参戦が決定しているフェルナンド・アロンソと対決することになる。ジェンソン・バトンもF1モナコGPを制しており、フェルナンド・アロンソとともに世界3大レースのおける“2冠”目を賭けての戦いが見られるかもしれない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ル・マン24時間レース | WEC (FIA世界耐久選手権)