元F1王者ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、メルセデスF1の2022年の状況に「大いに驚いている」と述べ、彼らが挽回するのは「トリッキー」だと予測する。

2022年シーズンはわずか4レースを終えただけだが、メルセデスF1のチャンピオンシップ防衛の希望はすでに潰えているように見える。

メルセデスF1は、コンストラクターズチャンピオンシップで3位だが、2位のレッドブルとの36ポイントの差は、シーズンが進むにつれて拡大する可能性が高い。レッドブルのポイントには3回のリタイアが影響している。

ルイス・ハミルトンにとっても、シーズン最悪のスタートの1つであり、先週末に13位でフィニッシュした後、元チームメイトのバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)をわずか4ポイント上回っているだけだ。

メルセデスF1は、自分たちを再びタイトル争いに引き戻す可能性のあるアップグレードを探し続けているが、2009年のF1ワールドチャンピオンのジェンソン・ボタンは、メルセデスF1が戻ってくるのは「トリッキー」だと語る。

「非常に驚いている」とジェンソン・ボタンは Gentleman’s Journalに語った。

「フェラーリは失うものは何もない。彼らはすべてを2022年に投入した。そして、ストレートで車を見ると“ポーポイズ”によって恐ろしいように見えるが、実際にはコーナーでのドライビングは美しく見える。フェラーリは航海を続けている。彼らにとって良いことだ。彼らは素晴らしい仕事をした」

「そして、僕はそれがすぐに変わるのを見ることはないと思う。フェラーリは、レッドブルと同様に、メルセデスよりも風洞での時間がまだ長い。したがって、メルセデスが挽回するのは難しいだろう」

シーズンのスタートが悪かったにもかかわらず、ジェンソン・バトンは、それがジョージ・ラッセルがメルセデスF1に早く落ち着くのに役立ったかもしれないと考えている。それはラッセルとルイス・ハミルトンの間に即座のライバル関係を生み出さなかったからだ。

「ジョージは非常に寛容なチームプレーヤーとして登場した。それは素晴らしいことだ」とジェンソン・バトンは語った。

「2人の素晴らしいドライバーがいることは、車のセットアップ、チームが車を改善するために必要なフィードバックの点で、1人よりも優れている。したがって、現時点ではすべてが順調だ」

「勝利のために戦っているとき、雰囲気は常に変化する。通常、そこが最高の仲間から激しい競争相手になるときだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / メルセデス