ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」
ウィリアムズF1のシニアアドバイザーを務める元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年シーズンをウィリアムズF1にとっての“構築の年”だと表現した。

ジェンソン・バトンが2000年にF1キャリアを始めたウィリアムズF1に2021年シーズンに先立ってシニアアドバイザーをして戻り、複数年の契約に合意した。

勢力図で順位を取り戻すことを目指しているウィリアムズF1は、ジェンソン・バトンの豊富な経験を利用して、2021年に明らかな改善を示した。2022年にノーポイントに終わったウィリアムズF1だったが、2021年には23ポイントを獲得してコンストラクターズチャンピオンシップで8位に浮上した。

2022年に導入された新しいF1レギュレーションは、ウィリアムズF1がさらに進歩する機会を表しているが、シーズンの初期段階では、その野心は実現されていない。

ウィリアムズF1は、開幕2戦でポイントを獲得できておらず、バーレーンでのアレクサンダー・アルボンの13位フィニッシュがこれまでのベストリザルトとなっている。

ジェンソン・ボタンは、2022年はウィリアムズF1が所有者のドリルトン・キャピタルからの資金を使って将来の成功のための基盤を構築する年にしようとしていることを明らかにした。

「今年はウィリアムズにとって構築の年だ」とジェンソン・バトンは Metroのインタビューで語った。

「現在、彼らには将来のための資金がある。これは素晴らしいことだが、時間がかかる。彼らは自分たちが何をする必要があるかを理解している」

「今年は間違いなくポジティブな年であり、新しいレギュレーションは常に物事を搔きまわす。これは良いことだが、彼らが最前線で戦えるように競争力を高めるまでにはさらに数年かかるだろう」

「だが、少なくとも彼らは旅に出ている。それは重要な部分だ」

ウィリアムズF1への関与を強化することに加えて、ジェンソンン・ボタンは他のさまざまなプロジェクトで忙しく、最近、結婚もした。

しかし、ジェンソン・バトンはそれをすべて楽しんでいると説明し、ウィリアムズF1とのシーズンを楽しみにしていると述べ、また、初開催となるF1マイアミGPに興奮していると述べた。

「今年は忙しい年になっているけど、素晴らしい年だ」とジェンソン・バトンは語った。

「他にもレースなど、今は言えないことがある。たくさんのことが起こっている」

「今年はウィリアムズF1と一緒にかなりの数のレースに帯同する予定だ。マイアミGPには誰もが興奮していると思う」

「すべてが楽しい。自分の人生の中で、自分が関わりたい企業や楽しいものに関わることができる立場にいるのは幸せなことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ウィリアムズ